プリヤンカー・チョープラー「マトリックス4」に出演交渉中

2020年1月31日 14:00

プリヤンカー・チョープラー
プリヤンカー・チョープラー

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが製作するキアヌ・リーブス主演「マトリックス4(仮題)」に、プリヤンカー・チョープラーが主要キャラクターとして出演交渉中であることがわかった。米Wrapが報じている。

マトリックス4(仮題)」は、「マトリックス」シリーズを手掛けてきたウォシャウスキー姉妹の姉ラナ・ウォシャウスキーがメガホンをとり、主人公ネオ役のリーブスとトリニティ役のキャリー=アン・モスがそろって復帰を果たすことで話題を集めている。このほか、これまでのシリーズ3作でローレンス・フィッシュバーンが演じてきたモーフィアスの若き頃を演じるヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(「アクアマン」「アス」)、ニール・パトリック・ハリスの出演が決まっている。チョープラーがどのような役どころで交渉に入っているのかは、現時点で明らかになっていない。

仮想現実空間を舞台に人類とコンピュータの戦いを描いたSFアクション「マトリックス」(1999)は、革新的な映像表現で映画界に一大旋風を巻き起こすとともに、世界中で大ヒットを記録。「マトリックス リローデッド」「マトリックス レボリューションズ」(ともに2003)を合わせたシリーズ3作品の世界累計興行収入は16億ドルを越える。

前作から17年の歳月を経て復活を果たすファン待望のシリーズ第4弾では、ラナ監督がアレクサンダル・ヘモン(「センス8」)、デビッド・ミッチェル(「クラウドアトラス」原作者)と脚本を共同執筆。グラント・ヒル(「マトリックス リローデッド」「マトリックス レボリューションズ」)とともに、プロデューサーを兼任する。

ボリウッドのスター女優として60本もの出演作を誇るチョープラーは15年、米テレビドラマ「クワンティコ FBIアカデミーの真実」でインド人女優として初めて主演を務め、大きな注目を集めたのち、往年の人気ドラマをリメイクした映画「ベイウォッチ」(17・日本劇場未公開)でハリウッドに本格進出。「アベンジャーズ」シリーズのアンソニー&ジョー・ルッソ監督手がける米アマゾン・スタジオの新ドラマ「Citadel(原題)」に主演が決まっているほか、ロバート・ロドリゲス監督の最新作「We Can Be Heroes(原題)」や、インド人作家アラビンド・アディガのブッカー賞受賞小説「グローバリズム出づる処の殺人者より」を映画化するNetflixの新作など、主演作が多数控えている。

マトリックス4(仮題)」は、21年5月21日全米公開予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • オーディション
  • 喰女 ―クイメ―
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • ブロンソン
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com