M・ロビー、C・セロンに尊敬の眼差し「本当に最高!」 インタビュー映像公開

2020年1月31日 13:00

新人キャスターを演じた
新人キャスターを演じた

[映画.com ニュース] 2016年にアメリカで実際に起こった女性キャスターへのセクハラ騒動を映画化した「スキャンダル」から、新人キャスターを演じたマーゴット・ロビーのインタビュー映像が披露された。主演のほか製作も務めたシャーリーズ・セロンの印象などを語っている。

本作は、全米で視聴率1位を誇るテレビ局「FOXニュース」で実際に起きたセクハラスキャンダルの裏側を描いた作品。第92回アカデミー賞では、セロンが主演女優賞、ロビーが助演女優賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞の3部門にノミネートされた。

FOXニュースの元人気キャスター、グレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)は、テレビ界の帝王として君臨していたCEOのロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)を提訴する。騒然とする社内で、看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリー(セロン)は、輝かしいキャリアを手にするまでの歩みを振り返り、胸をざわつかせていた。一方で、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手ケイラ・ポスピシル(ロビー)は、ロジャーと対面する機会を得ていた。

架空のキャラクターに挑んだロビーは、本作について「自分の道徳的な深い部分に響いて、この物語の一部になりたいという衝動にかられたの」と出演理由を明かし、「この物語は決して単に犠牲者を擁護するものではない。それよりも、もっと複雑で、脚本を読んだ時(脚本を執筆した)チャールズ・ランドルフが非常に複雑な登場人物を用いて、問題の複雑さを見事に描いていると思った」と巧みな構成を称える。

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」など、自身の出演作品でプロデューサーも務めてきたロビーは、本作で主演を務めながらプロデューサーを務めたセロンの話題になると「本当に最高! かっこいい!」と笑顔に。

続けて「彼女は真のプロデューサーだと思う。名ばかりのプロデューサーとは比べものにならない。彼女は現場に居なくてもいい日でも、必ず現場にいる。この企画が始まった頃から、この作品に身を注いできたのが分かるの。彼女は、(監督の)ジェイ(・ローチ)らと同じくらいこの映画に相当なエネルギーを注いできたのだと思う」と、セロンが作品へ向ける姿勢を絶賛している。

スキャンダル」は2月21日から全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース