アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アメリカ人のフィギュアスケート女子選手として初めてトリプルアクセルに成功し、1992年アルベールビル、94年リレハンメルと2度の冬季五輪にも出場したトーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生を、「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン役で一躍世界的にブレイクしたマーゴット・ロビー主演で描いたドラマ。貧しい家庭で厳しく育てられたトーニャは、努力と才能でフィギュアスケーターとして全米のトップ選手への上り詰めていく。92年アルベールビル五輪に続き、94年のリレハンメル五輪にも出場するが、92年に元夫のジェフ・ギルーリーが、トーニャのライバル選手を襲撃して負傷させた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を引き起こしたことから、トーニャのスケーター人生の転落は始まっていた。プロデューサーも兼ねてトーニャ役で主演したロビーは、スケートシーンにも挑戦。母親役のアリソン・ジャネイが第90回アカデミー賞の助演女優賞を受賞した。元夫のジェフ・ギルーリー役は「キャプテン・アメリカ」シリーズのセバスチャン・スタン。監督は「ラースと、その彼女」「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピー。

2017年製作/120分/PG12/アメリカ
原題:I, Tonya
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第90回 アカデミー賞(2018年)

受賞

助演女優賞 アリソン・ジャネイ

ノミネート

主演女優賞 マーゴット・ロビー
編集賞  

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

受賞

最優秀助演女優賞 アリソン・ジャネイ

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) マーゴット・ロビー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

Copyright (C) 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0格差、競争、暴力。トーニャの半生からアメリカの根深い社会問題をあぶり出す

AuVisさん
2018年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

悲しい

興奮

ケリガン襲撃事件は当時日本でも大きく報じられたことをぼんやり覚えている程度で、本作を観てトーニャの過酷な半生と事件の経緯を知り、これは彼女と周囲の連中を悪者にして済む問題ではないと痛感。まず母親が、星一徹をさらに強烈にしたようなスパルタ暴力女で(アリソン・ジャネイの怪演は確かにオスカーに値する)、娘は鬼のしごきに耐えながら次第に才能を開花させていく。金持ちの競技であるフィギュアの世界で、貧乏な母娘は苦戦するが、トリプルアクセル成功が突破口に。

だが類は友を呼ぶのか、トーニャの結婚相手が暴力夫。鬼母の支配から逃れたはずが、新たなDVを招いてしまう。夫の周囲もろくでなしばかりで、結局この連中が勝手に襲撃事件を起こしてしまう(と本作は説明している)。埋めがたい格差、過酷な競争、暴力の連鎖がなくならない世界であがき、そして挫折した主人公を、製作も兼任したマーゴット・ロビーが熱演している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
AuVis

0.5映画としての体裁すらない

2019年9月20日
PCから投稿

ドキュメンタリー調ですが、品質は限りなくゼロに近い。
取り上げたテーマに惹かれてみたら、ほんと、詐欺ですわ。
スカでしたわ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.0此の親にして此の子あり

カメさん
2019年9月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:4.2
トーニャ・ハーディングのハードボイルドな半生を見事にスタイリッシュに描いている。
登場人物達も本人にかなり近く、チャーミングなはずのマーゴット・ロビーも、神懸かり的にトーニャと瓜二つ。
この親にしてこの子ありという母役のアリソン・ジャネイの痺れるような演技も凄く、オスカーも納得。
あの誰もが知る襲撃事件の舞台裏と真相を、脚色もあるだろうが、とても分かりやすくエンターテイメントに仕上がっている。
そして世間から嫌われ者だったトーニャを最後には愛してしまう作品の作り方。監督の愛をそこに感じる気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

3.0映画自体はコミカルだったが、なんだか悲しい気持ちになった。

さん
2019年9月2日
PCから投稿

役者さんの演技はすごかったけれど、
ある有名な事件を各関係者の証言をもとに、ミカルな方法で映画化しただけで特別な魅力は感じなかった。
この事件は全く知らなかったが、前半部分を見ただけでそれぞれがどのような事を言うか想像できてしまったし、そこに驚きもなかった。

トーニャの生い立ちや、当時のマスコミの報道の仕方(ゴシップ的な)を想像するとけっこうエグイ状態だったんだなと思う。
本人にも問題はあったのだろうけど、生い立ちや環境を考えると同情してしまうし、最後にスケートを奪われたことも胸が痛くなる。
そしてその後も前向きに生きていて、強い人なんだとも思った。

母親役のアリソン・ジャニーがすごいなと思ったら、アカデミー賞で助演女優賞を取られていたんですね

そして、トーニャが不憫に思えあまり良い気分にはなれず、映画自体好きにはなれなかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
恵
すべての映画レビューを見る(全129件)

他のユーザーは「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」以外にこんな作品をCheck-inしています。