「Official髭男dism」藤原聡、「キャッツ」吹き替え版に参戦! 美声&ダンスを披露するワイルド猫役

2019年12月11日 06:00

もともと犬派だが猫派になりつつ あると語る藤原聡
もともと犬派だが猫派になりつつ あると語る藤原聡

[映画.com ニュース] 人気ピアノポップバンド「Official髭男dism」の藤原聡が、ミュージカルの金字塔を映画化する「キャッツ」日本語吹き替え版の声優を務めていることがわかった。演じるのは、歌手のジェイソン・デルーロ扮する自由奔放でワイルドなラム・タム・タガー。美声とダンスで全ての猫を虜にするという役どころだ。藤原は「一緒に作って下さった収録スタッフの皆さんのおかげで、自分なりに、表情豊かに歌うことができたんじゃないかなと思います」とコメントを寄せている。

全世界累計観客動員8100万人を記録し、猫たちの“一生に一度の特別な一夜”を描くミュージカル「キャッツ」。映画版では「レ・ミゼラブル」のトム・フーパー監督がメガホンをとり、巨匠スティーブン・スピルバーグと、「オペラ座の怪人」などで知られる世界的作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーが製作総指揮に名を連ねた。

本作で映画初出演を果たす藤原は、ブラックミュージックをルーツにしたクリエイティブな音楽を生み出し人気を博す「Official髭男dism」でボーカル、ピアノを担当している。映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用された「Pretender」は週間ストリーミングランキングで24週連続1位を記録。メジャーデビュー後初のアルバム「Traveler」がオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得し、今年のNHK紅白歌合戦への初出場が決定するなど、大きな注目を集めているグループだ。

藤原はオファーされた際の思いを、「歌わせてもらえる、ということがとても嬉しかったです。セリフは初めての経験で不安もありましたが、とても楽しそうだなと思い、僕で良かったらと、参加させていただきました」と語る。そして「ジェイソン・デルーロの歌の持ち味を取り込んだ上でアウトプットするのが、最初はすごく難しかったです」「(デルーロが歌う)画との整合性を意識して歌うのが新鮮でした。そして、滑舌や発音をしっかりと指導していただいたのは、とても勉強になりました。別の角度から“歌”というものを知ることが出来たような気がします」とアフレコを述懐。もともと犬派だったが最近は猫派になりつつあるそうで、「映画の中で生き生きとしているキャラクターたちを見ていると、もう“キャッツ派”にならざるを得ないですよね!」とアピールした。

世界で2カ国のみ吹き替え版の制作が許可されたという本作。蔦谷好位置氏がプロデュースを手掛ける日本語吹き替え版には、藤原をはじめ、葵わかな山崎育三郎、高橋あず美、お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次森崎ウィン大貫勇輔大竹しのぶら豪華キャスト陣が集結している。

キャッツ」は、2020年1月24日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • スペイン一家監禁事件
  • ゲーム・オブ・デス
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • 寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
  • ヒューマン・レース
  • ライアー・ハウス
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • ドクムシ
  • 忍者狩り
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com