オペラ座の怪人
ホーム > 作品情報 > 映画「オペラ座の怪人」
メニュー

オペラ座の怪人

劇場公開日

解説

「キャッツ」「エビータ」などの大ヒットミュージカルを生みだした作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーの舞台「オペラ座の怪人」を彼の製作で映画化。監督は「フォーン・ブース」のジョエル・シュマッカー。19世紀のパリ、オペラ座。その地下に住む謎の怪人ファントムは、新人歌手クリスティーヌに惹かれ、姿を隠して歌を指導し彼女に主演させるためベテラン女優を負傷させるが、クリスティーヌは青年貴族ラウルと恋に落ちる。

作品データ

原題 The Phantom of the Opera
製作年 2004年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間 143分

受賞歴

第29回 日本アカデミー賞(2006年)

ノミネート
外国作品賞  

第77回 アカデミー賞(2005年)

ノミネート
撮影賞 ジョン・マシソン
美術賞  
主題歌賞 “Learn To Be Lonely”

第62回 ゴールデングローブ賞(2005年)

ノミネート
最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) エミー・ロッサム
最優秀主題歌賞 “Learn to Be Lonely”

インタビュー

ジョエル・シュマッカー監督インタビュー
インタビュー

全世界で8000万人が観劇したと言われ、内容はともかくタイトルくらいは誰もが一度は耳にしたことがあるであろうミュージカル「オペラ座の怪人」が完全映画化。映画は舞台版に忠実で、俳優たちも全て吹替えなしで歌い、世紀のラブストーリーを盛り立...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ジョエル・シュマッカーの「乙女」的な感性が効果を生む
オペラ座の怪人の映画評論・批評

アンドリュー・ロイド=ウェバーの最高傑作であるミュージカルは、実にまっとうな形で映画化を実現させた。ロイド=ウェバーが製作に入っているので当然ながら、舞台版に至極忠実。舞台版のファンは、きっと違和感や不満をあまり感じないですむだろう。...オペラ座の怪人の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全39件)
  • なんかかっこ良かった。 基本的にはミュージカルは苦手だか、全体的に曲の使い方やカットワークがかっこ良く、怪人も高貴な感じでとても良かった。 ...続きを読む

    トラ吉 トラ吉さん  2019年1月6日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 華麗なミュージカル 三角関係。 原作は読んだことある…昔で忘れてしまったけど。 前半は歌が長かったりと物語に入り込めなかったが、怪人の悲劇性が明らかになってからは面白く、ラストでは胸を打たれた。装飾等の美しさが魅力... ...続きを読む

    awahira awahiraさん  2018年12月9日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 曲の始まり方が謎 ミュージカル映画だから、いきなり役者が歌い出すのは理解している。 でも、あまりに歌いだすタイミングが不自然。 ストーリーも事前に知っているから良かったけど、全然入ってこなかった。 ...続きを読む

    宮西瀬名 宮西瀬名さん  2018年10月28日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

「オペラ座の怪人」シリーズ関連作品

他のユーザーは「オペラ座の怪人」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi
採用情報