コンフィデンスマンJP

字幕メガネマーク 音声ガイドマーク

劇場公開日:

解説

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版。天才的な知能を持つが詰めの甘いダー子と、彼女に振り回されてばかりのお人よしなボクちゃん、百戦錬磨のベテラン詐欺師のリチャードの3人の信用詐欺師は、香港マフィアの女帝ラン・リウが持つと言われる伝説のパープルダイヤを狙い、香港へ飛ぶ。3人がランに取り入るべく様々な策を講じる中、天才詐欺師ジェシーも彼女を狙っていることが判明。さらに以前ダー子たちに騙された日本のヤクザ・赤星の影もちらつきはじめ、事態は予測不可能な方向へ展開していく。テレビドラマ版でおなじみのキャストが再結集するほか、ラン役を竹内結子、ジェシー役を三浦春馬、赤星役を江口洋介がそれぞれ演じる。「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどの脚本家・古沢良太がテレビドラマ版に引き続き脚本を担当。

2019年製作/116分/G/日本
配給:東宝
劇場公開日:2019年5月17日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

映画レビュー

5.0キャストのチームワークが抜群で、騙されるのが心地良いコンゲーム・コメディー作品!

2020年7月18日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

これまでの映画では、「あなたは必ず騙される!」といった宣伝文句が流行った時期もありました。
ただ、映画を多く見ていると、「ということは、一番犯人らしくない人が犯人なんだな」といった感じで展開が読めてしまうなど、なかなか謎解き系の映画の脚本は難易度が高かったりします。
それを「コンフィデンスマンJP」は、さらに高度にセンス良くまとめ上げていて、本来のエンターテインメントとしての「映画ならではの素直な見方」を提示してくれた意味で、他の追随を許さないレベルで秀逸な作品だと思います。
ただひたすら長澤まさみ扮するダー子らの目線で物語を追いかけるのが楽しく、様々な伏線が回収された後の爽快感などは「心地良い」の一言、となります。
本作はロマンス編ということで三浦春馬さん扮するジェシーが登場し、ダー子との過去が明かされ、そこが大きな核となっていきます。
映画の中で騙された側も、きっと心地良く、登場人物がそれぞれ個性的で、全員が魅力を持っているのも本作の凄さだと思います。
「ダー子×ボクちゃん×リチャード×五十嵐」といった中核に様々な化学反応が起き、ドラマで出た登場人物にも愛を感じるように、誰一人とて無駄にしない構成も「心地良い」です。
しかも、ベースはあくまでコメディー映画のため、これだけ笑える作品である点も評価が高いです。
ロマンス編は香港での風景にマッチした、新旧入り交じった街並みを巧みに使っている映像もスケール感を感じられて良かったです。

コメントする (0件)
共感した! 11件)
細野真宏

3.0ちくしょうダー子め

2024年3月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

評判も良くテレビ版を観ていなくても大丈夫との噂もきき、非常に楽しみにしていた本作「コンフィデンスマンJP」あとからロマンス編の副題がついた。

簡単な人物紹介から始まるのは初見の私には有難い。しかしストーリーが進んでも中々面白くなってこない。
30分、一時間と進み、これはキャラクターを知らないと楽しめないのではないかと思い始めた。
そして、なぜ面白くないのかあれこれ考え、終いには同じ詐欺師物の「スティング」が傑作である理由にたどり着く。
細かい事を言い出したら沢山あるが、結局はハラハラしたりドキドキしたりしない、ワクワク感の欠如が「コンフィデンスマンJP」が退屈な理由だろう。

ロマンス編という副題にも苛立ちを感じ始めた終盤、これはダメだなと半分諦めた。
良かったところはコミカルなところと長澤まさみが今までで一番輝いているかもしれないところくらいだ。

やっぱりテレビ版観てないと楽しめないなと確信した残り数分、奇跡がおきた。
観ていないと意味がわからないだろうからネタバレにはならないと思うのでこのまま書くが、最後のダー子の手紙には参った。
何だかものすごく可愛くてここまでの退屈を全部許そうと思った。
これはロマンス編ですわ。落ちた(誰が?)

コメントする (0件)
共感した! 0件)
つとみ

4.0視聴後に再び最初から観たら違う印象になりそうな作品

2024年3月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

本編115分のうち、約90分の間に演技が下手な部分とリアルな感じのシーンが混在していた理由が、終盤の約25分で納得。
短い時間内にいろいろ詰め込んでいるので、一度じゃ把握しきれない。

劇中だけでなく現実の世界でも影武者がいたり、マスクつけてる偽物がいたり、死んだふりしてたり、どこからどこまでホントなのかわからない。

小さい頃に『ローマの休日』を好きで繰り返しみていたラン・リウのエピソードは作り話なのか、火傷の跡も偽物なのか知りたい、見破りたい。

三浦春馬さんと竹内結子さんの格好良さ、美しさが目の保養になる。
エンドロール後の地下アイドルコンサートも見逃せない。

コメントする (0件)
共感した! 9件)
Don-chan(Daisuke.Y)

4.5もっと早く見ればよかった。

2024年3月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

知的

ドラマを全く見ていなかったので、映画だけ見ても面白くないかなと勝手に思っていたが、そんなことなかった。物語の終盤に何度も驚かさせられた。あと三浦春馬ってかっこいいんだね。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
江戸川コメソ