ゴッサム賞、A・ドライバーとS・ヨハンソンが夫婦演じる「マリッジ・ストーリー」が4冠!

2019年12月4日 17:35

Netflixでの配信は12月6日
Netflixでの配信は12月6日

[映画.com ニュース] 第29回ゴッサム・インディペンデント・フィルム・アワードが12月2日(現地時間)、米ニューヨークで行われ、ノア・バームバック監督の「マリッジ・ストーリー」が作品賞を含む4冠に輝いた。

ゴッサム・インディペンデント・フィルム・アワード(通称「ゴッサム賞」)は、米独立系映画の製作に携わる人々を支援するインディペンデント・フィルムメーカー・プロジェクト(IFP)主催の映画賞で、主に米北東部で製作されたインディペンデント作品が対象となる。

作品賞、主演男優賞(アダム・ドライバー)、脚本賞(バームバック)、観客賞の最多4部門で受賞した「マリッジ・ストーリー」は、「イカとクジラ」や「フランシス・ハ」などで知られるバームバック監督の最新作。舞台演出家(ドライバー)と女優(スカーレット・ヨハンソン)の夫婦が結婚を解消するまでの過程を丁寧に描く一風変わったラブストーリーだ。

米ストリーミング大手Netflixのオリジナル映画として制作されており、マーティン・スコセッシ監督の「アイリッシュマン」と合わせて、今年の賞レースではNetflix旋風が吹き荒れそうだ。

主な受賞結果は以下の通り。

作品賞:「マリッジ・ストーリー
主演男優賞:アダム・ドライバーマリッジ・ストーリー
主演女優賞:オークワフィナThe Farewell(原題)
脚本賞:ノア・バームバックマリッジ・ストーリー
観客賞:「マリッジ・ストーリー
ドキュメンタリー賞:「アメリカン・ファクトリー

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース