日芸生による映画祭「スポーツの光と影」12月13日から開催! カンヌ受賞作をプレミア上映

2019年12月1日 15:00

企画の発端となったのは「日大アメフト問題」
企画の発端となったのは「日大アメフト問題」

[映画.com ニュース] 日本大学芸術学部映画学科の学生たちが企画した映画祭「スポーツの光と影」が、12月13~19日に開催されることが決定。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門作品賞を受賞した「オリ・マキの人生で最も幸せな日」(2020年1月17日公開)に加え、全17本を上映する。

企画立案から作品選定、上映交渉、会場運営を、学生が主体となって行ってきた“日芸映画祭”。これまでに「映画祭1968」「新・女性映画祭」「監督、映画は学べますか?」「ワーカーズ2014」「ニッポン・マイノリティ映画祭」「信じる人をみる 宗教映画祭」「映画祭『映画と天皇』」「映画祭『朝鮮半島と私たち』」が開催され、今回の「スポーツの光と影」で9度目の実施となった。発端となったのは、18年5月に起こった「日大アメフト問題」。この事件から「決して目を背けてはいけない」と考えた日大生が、映画を通して、メディアでは報道されないスポーツの影の部分に焦点を当てている。

「オリ・マキの人生で最も幸せな日」
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」

公開に先駆けたプレミア上映となる「オリ・マキの人生で最も幸せな日」は、タイトル戦を前に恋に落ちてしまったボクサーの実話をベースに描いた作品で、全編モノクロ16ミリフィルムで撮影されている。62年、世界タイトル戦に臨むフィンランドのプロボクサー、オリ・マキ(ヤルコ・ラハティ)は、大事な時期にも関わらず、ライヤ(オーナ・アイロラ)に恋をしてしまう。国中がオリに期待し、周囲が勝手に盛り上がるなか、彼は自分なりの幸せをつかむためにある行動に出る。

そのほか、野球界を舞台にした小林正樹監督作「あなた買います」、日本国内に保存されていた16ミリフィルムでの貴重な上映となる「長距離ランナーの孤独」のほか、「おれについてこい!」「セックス・チェック 第二の性」「スパルタ教育 くたばれ親父」「スパルタの海」「ピンポン」「オフサイド・ガールズ」「ひゃくはち」「疑惑のチャンピオン」「ザ・ビッグハウス」「破天荒ボクサー」を披露。また「花形選手」(清水宏監督)と「競泳選手ジャン・タリス」(ジャン・ビゴ監督)、「リトルファイター 少女たちの光と影」(トッド・キールスティン監督)と「勇者たちの休息」(ギョーム・ブラック監督)は、ともに2本立て上映となる。

映画祭「スポーツの光と影」は、12月13~19日に東京・渋谷ユーロスペースで開催。上映スケジュールやトークゲストなどの詳細は、公式HP(http://nichigei-eigasai.com/)で確認できる。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
オリ・マキの人生で最も幸せな日(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース