オリ・マキの人生で最も幸せな日

劇場公開日

オリ・マキの人生で最も幸せな日
オリ・マキの人生で最も幸せな日
14%
49%
29%
4%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

タイトル戦を前に恋に落ちてしまったボクサーの実話をもとに描き、2016年・第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で作品賞を受賞したフィンランド発の恋愛映画。1962年夏、パン屋の息子でボクサーのオリ・マキは、世界タイトル戦でアメリカ人チャンピオンと戦うチャンスを得る。準備はすべて整い、あとは減量して集中して試合に臨むだけというタイミングで、オリはライヤに恋をしてしまう。フィンランド国中がオリに期待し、周囲が勝手に盛り上がる中、オリは自分なりの幸せをつかむためにある行動に出る。主人公のオリ・マキ役を「アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場」のヤルコ・ラハティ、ライヤ役を歌手としても人気のオーナ・アイロラ、マネージャー役を「ボーダー 二つの世界」のエーロ・ミロノフがそれぞれ演じる。監督は本作が長編デビュー作なるユホ・クオスマネン。60年代の空気を再現するため、全編モノクロ16ミリフィルムで撮影された。

2016年製作/92分/PG12/フィンランド・ドイツ・スウェーデン合作
原題:Hymyileva mies
配給:ブロードウェイ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

受賞

ある視点部門
ある視点部門 最優秀作品賞 ユホ・クオスマネン
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2016 Aamu Film Company Ltd

映画レビュー

4.0愛する人がいてこそ

2020年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

モノクロの16ミリフィルムで撮影されたフィンランドのロマンティック映画。フィンランドと言うとアキ・カウリスマキを真っ先に思い出すが、この映画にもカウリスマキ作品にもあるような独特のペーソスが感じられる。これはフィンランドという国に特有なものなのかもしれない。会話のテンポ感などが、他の国と異なるというか、どこかゆったりしている。荻上直子の「かもめ食堂」などもそうだったし、フィンランド独特の時間感覚なのかもしれない。
国の威信をかけたボクシングのタイトルマッチに挑む男が、ありふれた女性に恋に落ち、気になって減量に集中できなくなってしまう。周囲の期待をよそに恋人に会いに行ったりしてしまい、迷惑をかけたりしながら、試合当日を迎えることになる。
世界大会という大きな舞台を前にしているとは思えない、どこかとぼけた味わいが映画全編を覆っている。プロの真剣勝負の緊張感よりも、愛する女性とのほっこりする時間に重きが置かれているのも特徴的で、見終わったあとはなんだか肩の力がいい感じに抜ける作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

4.0Love of the Common Man

2020年8月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
bloodtrail

2.5淡々と

ミカさん
2020年8月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

モノクロのフィルムは良かったのですが、ちょっと淡々とし過ぎていて途中眠くなってしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

4.0【自分の闘い方や生き方は自分自身で決める。それが”最も幸せなこと”ではないか。】

NOBUさん
2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

幸せ

■1962年、フィンランドで行われたボクシング世界タイトルマッチを”挑戦者、オリ・マキ”の視点で描いた映画。

 ・オリ・マキはアマチュアからプロに転向し、10戦8KOのフィンランド期待のプロボクサー。なのであるが、序盤から、かなり舞い上がり気味のマネージャー、エリスにイロイロとプロモーションに引っ張りまわされ、困惑している姿が可笑しみがある。

 ・フツー、ボクシング映画といえばタイトルマッチ前の記者会見で、お互いに
 ”お前を10秒でオネンネさせてやるぜ!””貴様!”などと、無駄に罵り合い周囲から、”マアマア・・”などと引き離されるシーンが挟まれた後に、”伝説の男同士の闘い”が繰り広げられ、最後は二人で涙を流して抱き合い、チャンチャン・・。大団円。
 というパターンが多い気がするが、今作ではそのような場面は一切、出てこない。
 時代背景もあるだろうが、
 選手同士と取り巻きがカメラに向かって、ファイティングポーズを決め、フラッシュがパシャ!。とか、
 インタビュアーに対する受け答えも、”え、そんなんで良いんですか?”というフツーな感じである。

 ■今作が可笑しみとペーソス溢れる作品だと思った場面
 ・中々、リミット体重まで落とせないオリ・マキが、実は試合直前にライヤという女性に恋をしてしまい、インタビューの最中も”ボンヤリと”ライヤを見つめ、質問を聞いていなかったり・・。

 ・オリ・マキが棒の上の板の上に横になった女性を、棒を狙って球を投げ、水に落とす”不可思議”なゲーム(誰か、教えてください・・。)をライヤと楽しくやった後、後日一人でその光景を見て、楽屋裏で鬘を取り、寂しげに髪を拭く姿を見る場面。自分も同じ”見世物”ではないか・・と思ったのではないかなあ・・。

 ・試合数日前、公開スパークリングがあるのに、オリ・マキは故郷に戻ったライヤに会いに行き、ポロポーズ!そして、ライヤからOKの返事。フツー、こう来たら、怒涛のファイティングでチャンピオンベルトを奪取し、”ライヤー!”とリング上から叫ぶと思いきや、あっさり、2ラウンドでKO負け・・。盛り上がらないなあ・・。オリ・マキは”ホッとした感”さえ、漂わせている。

 ・けれど、それでオリ・マキが”リベンジマッチ”で最終勝利する・・訳もなく、自由になった彼は、ライヤと二人でノンビリと手を繋いで、楽しそうに、線路を歩いたりする。で、ジ・エンド。

<従来のボクシング映画の色合いとは、かなり異なるトーンのフィンランドボクシング映画。
 物凄く感動するわけではないが、ボクシング映画なのに、何だかほのぼのとしてしまった作品。>

■蛇足
 ・オリ・マキを僅か2ラウンドで退けたアメリカ黒人ボクサー”デビー・ムーア”が、あの試合の半年後にボクシングの試合で亡くなっていた、という事実にも驚いた。(今作品では、一切触れられていないが。)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る