オリ・マキの人生で最も幸せな日

劇場公開日:

オリ・マキの人生で最も幸せな日

解説

タイトル戦を前に恋に落ちてしまったボクサーの実話をもとに描き、2016年・第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で作品賞を受賞したフィンランド発の恋愛映画。1962年夏、パン屋の息子でボクサーのオリ・マキは、世界タイトル戦でアメリカ人チャンピオンと戦うチャンスを得る。準備はすべて整い、あとは減量して集中して試合に臨むだけというタイミングで、オリはライヤに恋をしてしまう。フィンランド国中がオリに期待し、周囲が勝手に盛り上がる中、オリは自分なりの幸せをつかむためにある行動に出る。主人公のオリ・マキ役を「アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場」のヤルコ・ラハティ、ライヤ役を歌手としても人気のオーナ・アイロラ、マネージャー役を「ボーダー 二つの世界」のエーロ・ミロノフがそれぞれ演じる。監督は本作が長編デビュー作なるユホ・クオスマネン。60年代の空気を再現するため、全編モノクロ16ミリフィルムで撮影された。

2016年製作/92分/PG12/フィンランド・ドイツ・スウェーデン合作
原題:Hymyileva mies
配給:ブロードウェイ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

受賞

ある視点部門
ある視点部門 最優秀作品賞 ユホ・クオスマネン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2016 Aamu Film Company Ltd

映画レビュー

4.0愛する人がいてこそ

2020年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

モノクロの16ミリフィルムで撮影されたフィンランドのロマンティック映画。フィンランドと言うとアキ・カウリスマキを真っ先に思い出すが、この映画にもカウリスマキ作品にもあるような独特のペーソスが感じられる。これはフィンランドという国に特有なものなのかもしれない。会話のテンポ感などが、他の国と異なるというか、どこかゆったりしている。荻上直子の「かもめ食堂」などもそうだったし、フィンランド独特の時間感覚なのかもしれない。
国の威信をかけたボクシングのタイトルマッチに挑む男が、ありふれた女性に恋に落ち、気になって減量に集中できなくなってしまう。周囲の期待をよそに恋人に会いに行ったりしてしまい、迷惑をかけたりしながら、試合当日を迎えることになる。
世界大会という大きな舞台を前にしているとは思えない、どこかとぼけた味わいが映画全編を覆っている。プロの真剣勝負の緊張感よりも、愛する女性とのほっこりする時間に重きが置かれているのも特徴的で、見終わったあとはなんだか肩の力がいい感じに抜ける作品だ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
杉本穂高

1.0そもそも…

2021年8月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
KEI

4.0Love of the Common Man

2020年8月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 3件)
bloodtrail

2.5淡々と

2020年8月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

モノクロのフィルムは良かったのですが、ちょっと淡々とし過ぎていて途中眠くなってしまいました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ミカ
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る