「ワム!」のヒット曲から生まれた「ラスト・クリスマス」12月6日公開

2019年10月4日 08:00

クリスマスの定番曲が映画化
クリスマスの定番曲が映画化

[映画.com ニュース] 英ポップデュオ「ワム!」の人気曲にインスパイアされた映画「Last Christmas(原題)」が、「ラスト・クリスマス」の邦題で12月6日から日本公開されることが決定した。「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラーク、「クレイジー・リッチ!」のヘンリー・ゴールディングが共演し、クリスマスのロンドンを舞台にしたラブストーリーが展開する。

ロンドンのクリスマスショップで働くケイト(クラーク)は、きらびやかな店内にいても仕事に身が入らずにいた。そんなある日、不思議な好青年トム(ゴールディング)が突然現れ、彼女の抱えるいくつもの問題を見抜き、答えに導いてくれる。トムにときめくケイトだったが、2人の距離は一向に縮まらず。やがて、ケイトはトムに関する真実を知ることになる。

オリジナル脚本を手がけたのは、「いつか晴れた日に」「ラブ・アクチュアリー」などのエマ・トンプソン。女性キャスト版「ゴーストバスターズ」や「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のポール・フェイグ監督がメガホンをとった。

ラスト・クリスマス」は12月6日から東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース