上坂すみれが「アナベル」だけを連呼!恐怖の特別映像公開

2019年7月18日 12:00

史上最悪の“お留守番”
史上最悪の“お留守番”

[映画.com ニュース] 全世界興行収入が16億ドルを突破した「死霊館」ユニバースの最新作「アナベル 死霊博物館」の特別映像を、映画.comが入手した。人気声優の上坂すみれがさまざまなパターンで「アナベル」だけを連呼し、恐怖をあおっている。

2013年に公開された「死霊館」から始まり、その後「アナベル 死霊館の人形」「アナベル 死霊人形の誕生」が製作され、人気を博してきた。人形は実在し、現在も米コネティカットにある博物館に保管され、月に2回、神父による祈祷が行われているという。

本作では「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」の脚本を手掛けたゲイリー・ドーベルマンが監督を務め、「死霊館」シリーズのジェームズ・ワンが製作に名を連ねた。

超常現象研究家であるウォーレン夫妻の家に、強烈な呪いを秘めるアナベル人形が運びこまれ、地下の博物館で厳重に封印される。夫妻が外出するある晩、娘のジュディは、年上の少女メアリー、ダニエラとともに留守番をすることに。しかし、警告を無視して保管室に入ったダニエラはアナベルをガラスケースから出し、いわく付きの品々全てに手を触れてしまう。

公開された特別映像は、少女編&女子高生編の2つが合わせられ、封印を解かれたアナベルの呪いにより、悪霊の恐怖にさらされる少女たちの姿が収められている。

どちらもナレーションを担当した上坂が「アナベル」と連呼しており、少女編では主人公ジュディのような少女の声、女子高生編ではジュディのシッターをするメアリーのような少し大人びた声を披露。最初はかわいらしく呼びかけるも、その声は次第に変化していく。

上坂は「『アナベル』とずっと呼び続けたので、本物のアナベルに祟られないといいなと思います」と収録を振り返り、「顔は怖いけど、お洋服がクラシカルでかわいいですね!」と印象を語った。

アナベル 死霊博物館」9月20日から全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース