「アベンジャーズ エンドゲーム」が全世界興収歴代1位に王手

2019年7月18日 11:00

歴代1位の座は確実に
歴代1位の座は確実に

[映画.com ニュース] 「アベンジャーズ エンドゲーム」が全世界興行収入歴代1位の座につくことが確実になった。米バラエティが報じている。

同作は先週末、全世界興収で新たに280万ドルを獲得し、累計で27億8080万ドルに到達。2010年に「タイタニック」の全世界興収を超えて以来、絶対王者として君臨してきた「アバター」の27億8800万に急接近している。

配給のウォルト・ディズニーにとって「アベンジャーズ エンドゲーム」の歴代1位獲得は悲願であり、エンドクレジットのあとにフッテージを加えた特別版の上映を展開。また、マーベル最新作「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」が公開された影響もあって、再び観客が舞い戻ってきているようだ。

国別では北米市場が8億5100万ドルでトップ。中国(6億2900万ドル)、イギリス(1億1400万ドル)、韓国(1億500万ドル)、ブラジル(8500万ドル)、メキシコ(7700万ドル)と続いている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース