米アマゾン・スタジオ、ドラマ版「ジャック・リーチャー」争奪戦を制す

2019年7月18日 11:00

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」より
「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」より

[映画.com ニュース] 米アマゾン・スタジオが、争奪戦の末にテレビドラマ版「ジャック・リーチャー」の配信権を獲得した。米ハリウッド・レポーターが報じている。

英作家リー・チャイルドが生み出した「ジャック・リーチャー」は、元アメリカ陸軍内部調査部のエリート軍人で、放浪の旅を続ける主人公が遭遇する事件を描く犯罪スリラーシリーズ。世界で49カ国語に翻訳され、1億部以上の売り上げを誇るベストセラーだ。2012年、シリーズ9作目がトム・クルーズ主演で「アウトロー」(クリストファー・マッカリー監督)として映画化。16年には続編「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」(エドワード・ズウィック監督)が公開されたものの、クルーズ主演映画としては世界興収1億6200万ドルと期待外れの結果となったため、映画としてのシリーズ継続が困難になっていた。

その後、同映画シリーズを手がけたスカイダンス・メディアは、パラマウント・テレビジョンと共同でドラマ化を企画していた。脚本は、天才集団が問題を解決するさまを描くアクションドラマ「SCORPION スコーピオン」の企画・制作総指揮を手がけたニック・サントーラが執筆する。現時点では、テレビドラマ版にクルーズが関与するかどうかは明らかにされていない。

このほど同企画を獲得したアマゾン・スタジオは、米小説家トム・クランシー作品の人気キャラクターを主人公にしたスパイドラマ「トム・クランシー CIA分析官 ジャック・ライアン」や、ベストセラー作家マイクル・コナリーの人気キャラクターを主人公にした刑事ドラマ「BOSCH」を手がけていることで知られている。「ジャック・リーチャー」は、これらの人気ドラマと同様Amazon Prime Video向けのオリジナルドラマとして制作される予定だ。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース