堀田真由、世界で最も邪悪な心理学実験に参加… 主演作「プリズン13」8月30日公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月18日 > 堀田真由、世界で最も邪悪な心理学実験に参加… 主演作「プリズン13」8月30日公開
メニュー

堀田真由、世界で最も邪悪な心理学実験に参加… 主演作「プリズン13」8月30日公開

2019年6月18日 17:30

物語の基になるのは“スタンフォード監獄実験”「プリズン13」

物語の基になるのは“スタンフォード監獄実験”
(C)2019「プリズン13」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の堀田真由が主演を務める「プリズン13」が、8月30日から公開されることが決定。1971年に実施された世界で最も邪悪な心理学実験として知られる“スタンフォード監獄実験”を基にした密室サスペンスが描かれる。

人気Vtuberソフィアの“公開実験”に参加することなった女子大生のマリ(堀田)。実験現場に到着した彼女の目の前に現れたのは、4メートル四方の巨大な監獄。その実験とは、12人の被験者を看守と囚人に分け、監獄生活を疑似体験させるものだった。ソフィアの狙いは、そこで立場や役割によって人格が変化するかを確かめるというもの。7日間、この奇妙な部屋で看守になることになったマリだったが、実験は次第にエスカレートしていき、ついに死者が出てしまう。

テレビドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です」の好演も記憶に新しい堀田は、「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」(9月6日公開)、「超・少年探偵団NEO Beginning」(10月25日公開)、「殺さない彼と死なない彼女」(今秋公開)、「108 海馬五郎の復讐と冒険」(今秋公開)といった話題作へ立て続けに出演する注目株。本作では、監獄のなかの心理実験という極限状態に追い込まれた主人公マリ役として、迫真の演技を披露している。

「現場では12台のカメラを設置して撮影を行ったのでドキュメンタリーのような臨場感溢れるリアルな映像になっているのではないかなと思います」と撮影を振り返る堀田。「マリをはじめとするキャストひとりひとりの視点に寄り添うと何通りもの見え方が生まれ、受け取っていただける感情も様々で面白いと思います。ぜひ、老若男女問わず沢山の方に見ていただけますように」とアピールしている。

メガホンをとるのは、「舟を編む」で第37回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作。「エミアビのはじまりとはじまり」以来の監督作について「沁みだした悪意がヒトを狂わせる。そこには腑に落ちる理由など無い。死活問題が遊びや戯れという名で上塗りされるイジメの構造と類似しています。見終わった後、笑う人と吐く人が半分も出ればこの映画は成功と言えるでしょう」と説明。「聡明さや器用さは俳優にとって諸刃の剣で、撮影中、堀田とそれに連なる話しをしました。その日から堀田は変わりました。この作品には堀田の、なかなか見られない姿が映っているのでは、と思います」とコメントを寄せている。

プリズン13」は、8月30日から東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほか全国公開。

(映画.com速報)
舟を編む[Blu-ray/ブルーレイ] 舟を編む[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,958 出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。
エミアビのはじまりとはじまり[DVD] エミアビのはじまりとはじまり[DVD] 最安価格: ¥3,283 「舟を編む」で第37回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作が、「フレフレ少女」以来8年ぶりに手がけた監督作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報