間宮祥太朗×桜井日奈子「殺カレ死カノ」に恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろうらが参戦!

2019年3月6日 08:00

金子大地&中尾暢樹は物語のキーパーソンに!
金子大地&中尾暢樹は物語のキーパーソンに!

[映画.com ニュース] 間宮祥太朗桜井日奈子がダブル主演を務め、新世代のSNS漫画家・世紀末氏の人気作を実写映画化する「殺さない彼と死なない彼女」の追加キャストが発表され、恒松祐里堀田真由箭内夢菜ゆうたろう金子大地中尾暢樹の出演が決定。それぞれが原作のメインキャラクターであるきゃぴ子、地味子、君が代ちゃん、八千代くん、キーパーソンのイケメンくん、サイコキラーくんを演じていることがわかった。

原作は世紀末氏がTwitterに投稿し話題になった4コマ漫画を、「ももいろそらを」「逆光の頃」の小林啓一監督が映画化。退屈な学生生活を送り、「死ね」が口癖の高校3年・小坂(間宮)は、ハチの死骸を埋めているクラスメイト・鹿野(桜井)と出会う。「死にたい」が口癖で、リストカットの常習者である鹿野に、小坂は興味を抱いていく。キレやすい殺さない彼と、心優しい死なない彼女が、一筋縄ではいかない新世代のラブストーリーを紡ぐ。

香取慎吾主演作「凪待ち」(2019年公開)のヒロインに抜てきされた恒松は、堀田扮する“孤独を抱える達観したぶりっ子”のきゃぴ子を厳しくも温かく見守る少女・地味子役に挑戦。箭内は、好きな男の子に何度フラれても日課のように告白し続ける天真爛漫な女の子・撫子(※原作では君が代ちゃん)、ゆうたろうは恋愛に無関心な草食系男子・八千代くんを演じ、恋多ききゃぴ子の彼氏のひとり・イケメンくん役を金子、愛について歪んだ信念をとうとうと説くサイコキラーくん役を中尾が熱演する。そのほか、さっちゃん役に佐藤玲、きゃぴ子の母親役に佐津川愛美、小坂の母親役として森口瑤子が参加している。

「なんて素敵な作品なんだろうと感涙して私もこの物語のファンになりました!」と原作を絶賛した恒松は「初めてご一緒した小林啓一監督は凄く丁寧に映像を作っていく方で、一つ一つのシーンを舞台の稽古のように時間をかけて撮るという方法を使って下さり、きゃぴ子役の堀田真由ちゃんと相談しながらお芝居をすることがとても楽しかったです」と充実の面持ち。一方、堀田は「他者からの評価で自信を無くしがちな人が多い中で、きゃぴ子が持つ言葉には救いがありました」と述懐しつつ「触れたら壊れてしまいそうで、でも触れなければ今にも崩れ落ちてしまいそうな。彼女の弱さを見ていると私がぎゅっと抱きしめてあげたくなる。そんな愛おしくも切ない姿に静かな涙が流れました」と撮影を振り返っている。

ラブストーリー初挑戦となった箭内は、自身の役どころについて「八千代くんが大好きな女の子で『すき』と告白ばかりしていましたが、その日によって『すき』の言い方が変わったり、日に日に『大好き』になったり、演じている私でもこんなにストレートに告白できることをうらやましいと感じていました」と告白。ゆうたろうは「役としてもゆうたろうとしても成長させてくれる小林監督、世紀末さんの世界で生きられたのが幸せでしたし、クランクアップした次の日の寂しさと虚しさがとてつもない、そんな作品でした。“今を生きる”あなたに見て頂きたいです」とコメントを寄せている。

殺さない彼と死なない彼女」は、今秋に全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース