今年のコミコン、DC映画のプレゼンはなし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月8日 > 今年のコミコン、DC映画のプレゼンはなし
メニュー

今年のコミコン、DC映画のプレゼンはなし

2019年6月8日 07:00

昨年のコミコンでの「アクアマン」の プレゼンテーション「ワンダーウーマン1984(原題)」

昨年のコミコンでの「アクアマン」の
プレゼンテーション
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが、7月に行われるサンディエゴ・コミコン・インターナショナルでDC映画の新作のプレゼンテーションを行わないことが明らかになった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

サンディエゴで毎年行われるコミコン・インターナショナルは、世界最大級のポップカルチャーイベントとして知られている。サンディエゴ・コンベンション・センターの「ホールH」は、新作映画やドラマのプレゼン会場として認知され、出演俳優による挨拶や未公開フッテージの公開が行われるのが常だ。ワーナーも、これまでに「ワンダーウーマン」「アクアマン」といったDC作品のプレゼンテーションを行ってきた。


2016年の「スーサイド・スクワッド」の模様「ワンダーウーマン1984(原題)」

2016年の「スーサイド・スクワッド」の模様
[拡大画像]

ワーナーは現在、ホアキン・フェニックス主演の「ジョーカー」、マーゴット・ロビー主演の「バーズ・オブ・プレイ(原題)」、大ヒット映画の続編「ワンダーウーマン1984(原題)」といったDCコミック原作映画を手がけているものの、今年のコミコンでは一切発表しない。その理由については不明だ。

ただし、ワーナーがコミコンを避けるわけではなく、直前に行われるイベント「ScareDiego」では「IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」のプレゼンテーションを行う予定だという。サンディエゴ・コミコン・インターナショナルは7月18~21日、サンディエゴ・コンベンション・センターで行われる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報