ミレニアム・ファルコンだけじゃない!「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」でやるべき7つのこと

2019年6月4日 15:00

最速レポートをお届け!
最速レポートをお届け!

[映画.com ニュース] SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズをテーマにした世界初となるテーマランド「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」が5月31日(現地時間)、ついに米カリフォルニア・アナハイムのディズニーランド・パークにオープンしました。29日には、世界中から集まった550人の報道陣に内部がひと足先にお披露目され、映画.comも現地で取材を敢行! 今回は、先にお届けしたミレニアム・ファルコン号のアトラクション以外の魅力をご紹介します。

約14エーカー(東京ドーム1.2個分)の敷地面積を誇る「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」には、レジスタンスとファースト・オーダーの野営地、宇宙船基地、活気あふれるマーケットを含む、12以上の施設があります。この新たなテーマランドのために、7000個以上の小道具が制作され、50種類以上のフードメニューが開発されました。そのなかでも、特に注目すべき7つのポイントを選出しました。

1. 圧巻の“乗り物”を細部まで観察するべし

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」では、レジスタンスとファースト・オーダーの両軍が存在する証として、いたるところにスターファイターや輸送シャトルが置かれています。それと同時に、日常生活を営む住民の交通機関も用意されており、なかにはゲストがまたがることが可能なものも。圧巻のミレニアム・ファルコン号から地元民の移動用スピーダーまで、細部まで再現された様々な乗り物は必見! 設置されている乗り物は下記の通り。

・ミレニアム・ファルコン
・Aウィング・スターファイター
・Xウィング・スターファイター
・ファースト・オーダー・タイ・エシュロン
・ランドスピーダー(「スター・ウォーズ 新たなる希望」でルーク・スカイウォーカーが乗っていたモデルと酷似したX-34モデルと、回収した部品から作られたジャクー・スピーダーの2種類)
・サイナー・チョール・ユーティリピード型貨物船

2. ブラック・スパイア・アウトポストのマーケットを散策

ブラック・スパイア・アウトポストは、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」の舞台となっている惑星バトゥーの町の名前。エリア内の中心部にあり、銀河中のアイテムがそろうショップが建ち並ぶマーケットとなっています。妖しげに曲がりくねった通路を散策し、精密に作られた小道具の数々を観察しながら、バトゥーの住民になりきれる衣装や、様々なクリーチャーのグッズなどを購入することができます。

3. ブルー&グリーン・ミルクを飲んでみる

アンティーク調に飾り付けられた「ミルク・スタンド」では、ファンにはおなじみの「スター・ウォーズ 新たなる希望」に登場するブルー・ミルクと、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」に登場するグリーン・ミルクを味わうことができます。フローズン・ドリンクとして提供されるのですが、実際に飲んでみるとまさかのフルーツ風味! ブルーの方が甘く、グリーンはより爽やかな味わいです。

4. 自分仕様のライトセーバーを作る

これまでもたくさんのバージョンのライトセーバーが販売されてきましたが、「サヴィのワークショップ:ハンドビルト・ライトセーバー」で新たに発売されるものは完全にネクスト・レベル。重厚な柄や装飾、そしてカイバー・クリスタルをカスタマイズすることで、12万通り以上の組み合わせが可能です。

5. 自分だけのドロイドを手に入れる

スター・ウォーズ」の世界において、ドロイドはもっとも忠実な仲間のひとりです。「ドロイド・デポ」では、アストロメク・ドロイド(RシリーズかBBシリーズ)を、自分の好みにあわせ28万通り以上のパターンでカスタマイズすることが可能。ベルトコンベアで流れてくる本体パーツを拾い上げ、プログラミング・チップ(オプション)で性格や声を選び、専用のテーブルで組み立てます。電池式なので、本来ボタンひとつで動くのですが、そこはさすが世界感を最重要視する「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」。最後にドロイドに命が吹き込まれる演出がなされると、組み立て前に漂っていたプラスチック感(失礼)は消え失せ、愛しさが湧き上がります!

6. お尋ね者たちが集まる酒場でバトゥー民の気分に

ファースト・オーダーの目を避けたい人々が集まる「オーガのカンティーナ」は、ブラック・スパイア・アウトポストの中心に位置します。アルコール類はもちろん、ノンアルコールのドリンクも取り揃えた薄暗く賑やかな酒場で過ごせば、まるでバトゥーの民になった気分に。さらに、DJとしてゲストを楽しませるのは、「スター・ウォーズ」をテーマにしたアトラクション「スター・ツアーズ」のスタースピーダー3000の元パイロットとして知られるドロイドのR-3X。公式に“転職”したようです。

7. ストーム・トルーパーに尋問されてみる

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」では、ただ歩いていたり、ベンチに座って一息ついていたりするだけで、ファースト・オーダーのストーム・トルーパーに遭遇する可能性があります。彼らは常にレジスタンスを探して歩き回っており、気を抜いていると「IDを見せろ」と話しかけてくるのです。写真撮影を依頼すると、「それは我々の仕事ではない」と塩対応され凍りつきましたが、最後にはしっかりとポーズをとって応じてくれるアメとムチ戦法で翻弄してきます。今回はお目にかかれませんでしたが、カイロ・レンやレイ、チューバッカらたくさんのキャラクターが毎日数回登場するとのこと。生身のキャラクターたちに会うことで、「スター・ウォーズ」の世界をよりリアルに感じられること間違いなしです!

6月23日までの「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」への入場には、有効なパークチケットと事前予約が必要となりますが、現在予定数に達したため予約受付は終了しています。しかし、同期間中のみ、直営ホテル3軒のいずれかに宿泊のゲストは滞在中に1回だけ同エリアに入場が可能。6月24日以降は、入場の事前予約はありませんが、当日のパークの混雑状況によっては、入場制限を行う場合があります。

なお、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、フロリダ・オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでも8月29日にオープン予定。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース