「スター・ウォーズ」テーマランドがいよいよオープン!「40年間夢に見たものが実現」

2019年5月30日 10:00

映画には登場していない新たな惑星バトゥーが舞台
映画には登場していない新たな惑星バトゥーが舞台

[映画.com ニュース] SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズをテーマにした世界初となる新テーマランド「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」に関するパネルディスカッションが5月29日(現地時間)、米カリフォルニア・アナハイムのディズニーランド・パークで行われた。

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、同パーク内の5つ目のテーマランドとして建設され、敷地面積は約14エーカー(約5.6ヘクタール)と同パークを含むディズニー・ランド・リゾートでは最大規模となるエリア。映画には登場していない新たな惑星バトゥーを舞台に、「スター・ウォーズ」の世界観を再現している。

アトラクションは、ゲストが“銀河系最速のガラクタ”を操縦してミッションに挑戦する「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」と、レジスタンス(反乱軍)の一員としてファースト・オーダーとの戦いに挑み、カイロ・レンとの直接対決もできる「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」(今秋以降にオープン予定)の2種類が用意されている。

ウォルト・ディズニー・イマジニアリング/クリエイティブ・エグゼクティブのスコット・トロウブリッジ氏は、「『スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ』の根底にあるのは、『人は誰でも、その選択によって宇宙を左右する英雄になれる力を持っている』という真理」「ここでは、ゲストの皆さまは単なる観客ではなく、展開される物語の世界に没入できるでしょう」と語った。

ミシェル・ジェンドロウ氏は、エリアの代表的な酒場である「オーガのカンティーナ」について、「音楽を楽しみ、時には(ファーストオーダーとのトラブルを避けるために)うつむくようなところですね(笑)」と紹介。カクテルはアルコール入りとノンアルコールが用意され、ご家族で楽しめます」と紹介。映画に登場する色付きのミルクを味わえることで注目を集める「ミルク・スタンド」に関しては、「(『スター・ウォーズ 新たなる希望』に登場する)ブルー・ミルクと(『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』に登場する)グリーン・ミルクがあり、いずれも一風変わった味にフルーティーなアクセントを加えたシャーベット状のドリンクです。グリーン・ミルクはよりさわやかな風味が楽しめます」と詳細を明かした。

トロウブリッジ氏は、「このプロジェクトが始まったとき、筋金入りの『スター・ウォーズ』ファンも、何も知らない人も、みんなが同じレベルで楽しめる場にしたいと思いました。探検と発見、エリア内を駆け回り、色々なドロイドやエイリアンに会うのが待ちきれないと思っていただけるような場所にしたいと思ったことを覚えています。みんなが(『スター・ウォーズ』シリーズが始まってからの)約40年間夢に見たものが、ここに実現したのです」と満面の笑みで自信をにじませた。

なお、同エリアはフロリダ・オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでも8月29日にオープンする。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース