濱口竜介、竹内里紗、五十嵐耕平―東京藝大修了制作作品が集結する「Before SEASIDE CINEMA」開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月17日 > 濱口竜介、竹内里紗、五十嵐耕平―東京藝大修了制作作品が集結する「Before SEASIDE CINEMA」開催
メニュー

濱口竜介、竹内里紗、五十嵐耕平―東京藝大修了制作作品が集結する「Before SEASIDE CINEMA」開催

2019年4月17日 16:00

濱口竜介監督作「PASSION」

濱口竜介監督作「PASSION」
[拡大画像]

[映画.com ニュース]神奈川・横浜赤レンガ倉庫とMARINE & WALK YOKOHAMAで開催される野外シアター「SEASIDE CINEMA 2019」(5月1~5日)のプレイベントとして、東京藝術大学大学院映像研究科の修了制作作品が特別上映されることが決定。4月27~30日に「Before SEASIDE CINEMA 東京藝術大学大学院映像研究科 修了制作作品コレクション」として、濱口竜介監督作「PASSION」、竹内里紗監督作「みつこと宇宙こぶ」、五十嵐耕平監督作「息を殺して」などを上映し、トークショーも実施する。

4月27日のラインナップは、オムニバス映画「21世紀の女の子」の1本「Mirror」を手がけた竹内監督の「みつこと宇宙こぶ」(14時~)と、「スタートアップ・ガールズ」(2019年内公開)が控える池田千尋監督の「兎のダンス」(17時~)。第11回田辺・弁慶映画祭女優賞(主演・小松未来)を受賞した「みつこと宇宙こぶ」は、“こぶ”が気になる女子中学生の日常を描き、伊藤沙莉が出演した「兎のダンス」は、ある少女が素直に接することのできなかった祖父の死を経験する姿を描く。「みつこと宇宙こぶ」上映後には「MotionGallery」代表・大高健志氏がMCを務め、竹内監督と池田監督がトークを行う。


竹内里紗監督作「みつこと宇宙こぶ」

竹内里紗監督作「みつこと宇宙こぶ」
[拡大画像]

4月28日は、「息を殺して」(14時~)と「PASSION」(17時~)。第67回ロカルノ映画祭新鋭監督コンペティション部門に正式出品された「息を殺して」は、東京オリンピックを約2年後に控えた2017年12月30日、巨大なゴミ処理工場で働く人々の姿を活写した異色の人間ドラマ。「PASSION」は、結婚を間近に控えた一組のカップルが、仲間とのパーティーの最中に発覚した“男の過去の浮気”に揺れ、別々の夜を過ごすさまを映し出す。「息を殺して」上映後のトークショーには、五十嵐監督、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門ノミネート作「寝ても覚めても」(濱口監督)の原作者・柴崎友香氏が登壇する。

4月29日は、「HOMESICK」「ポンチョに夜明けの風はらませて」の廣原暁監督と、新作短編「サヨナラ家族」を発表した眞田康平監督をフィーチャー。 上映作品は、廣原監督が同棲するミケとユウの関係を通して、人生を模索する若者の姿を描いた「返事はいらない」(14時~)と、眞田監督が「はっぴいえんど」の名曲にインスピレーションを受けたロードムービー「しんしんしん」(17時~)。「返事はいらない」上映後には、ともに“映像研究科5期生”として研鑽を積んだ両監督が対談する。


五十嵐耕平監督作「息を殺して」

五十嵐耕平監督作「息を殺して」
[拡大画像]

4月30日は、瀬田なつき監督(「PARKS パークス」)が手がけた「彼方からの手紙」(14時~)と、早坂亮輔監督(「4/猫 ねこぶんのよん」)による「ソクラティック・ラブ」(17時~)。両作ともにスズキジュンペイが主演を務めており、不動産屋の男がある少女の頼みを聞いたことで奇想天外な出来事で見舞われる「彼方からの手紙」には、「四月の永い夢」「七つの会議」の朝倉あきも出演。「ソクラティック・ラブ」は、売れないお笑い芸人を主人公にしたポップでカラフルなラブストーリーが展開する。「彼方からの手紙」上映後には、瀬田監督と早坂監督がトークに参加する。

「Before SEASIDE CINEMA 東京藝術大学大学院映像研究科 修了制作作品コレクション」は、4月27~30日にMARINE & WALK YOKOHAMAの海側2階特設会場で開催される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報