香取慎吾主演作「凪待ち」に西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月3日 > 香取慎吾主演作「凪待ち」に西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー!
メニュー

香取慎吾主演作「凪待ち」に西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー!

2019年4月3日 12:00

白石和彌監督がメガホンをとった「凪待ち」

白石和彌監督がメガホンをとった
(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS
[拡大画像]

[映画.com ニュース]香取慎吾白石和彌監督が初タッグを組んだ映画「凪待ち」の追加キャストが発表され、西田尚美吉澤健音尾琢真リリー・フランキーの出演が明らかになった。

本作は「喪失と再生」をテーマに掲げた重厚な人間ドラマ。主演の香取が扮するのは、パートナーの女性・亜弓とその娘・美波(恒松祐里)とともに宮城県石巻市で再出発しようとする男・郁男。平穏に見えた3人の暮らしが、小さな綻びが積み重なることによって、やがて取り返しのつかない事態を招いてしまう。

郁夫の恋人・亜弓に扮した西田は「白石監督の『凶悪』がとても好きだったので今回ご一緒出来たことが本当に嬉しかったです。香取さんとご一緒出来たことも」と念願が叶った様子。撮影現場の香取について「なんというか…そこにいるだけで何か凄いんですよね。エネルギーとかパワーみたいなものをたくさん頂いた気がします」と語っている。亜弓の父・勝美役の吉澤は「稀有。この私の役の事です。表現する者として、その人生の質量が問われる様な役でした。私は役者である事を三度辞めて、三度復活した者ですが、この様な役に出会えるとは思ってもみませんでした。続ける事が大事なんだとよく云いますが、あれって本当なんですね。お蔭様で時分の花、咲かす事が出来ました」と充実の日々となったようだ。

亜弓の元亭主・村上を演じた音尾は「尊敬する白石和彌監督と、僕のスーパースター香取慎吾さんの新たなタッグが実現したことに感謝しています」と胸中を吐露。「香取さんは石巻で撮る白石監督の世界に完全に溶け合っていた。凪の海が荒れていくように、心がざわざわと興奮しています。派手ではありませんが、1カットごとに丁寧に精魂込めて、スタッフ・キャストが作り上げた映画を楽しんでいただければ幸いです。誰かの生きる希望になれますように」とメッセージを込めた。

郁夫を気に掛ける製氷工場の社員・小野寺役のリリーは「僕はゆっくりしていたスケジュールで石巻を満喫させていただき町の人にも良くしていただいて、白石さんの撮影、相変わらず好きでした。慎吾ちゃんと共演できてよかった。すごく彼が色っぽかった。やりやすかったです」と述懐。そして「慎吾ちゃんの体から出てきてる熱量、雰囲気がすごい! 監督と飲みながら話してすごくいい映画になりそうだ、というお話をしていました。今の慎吾ちゃんじゃなきゃできない、白石さんの中で傑作ができた。台本読んだ時の静かなオフビートなもの、人間の中の思いというようなものうごめいている。純文学的なものもぜひ皆さんご覧ください」とコメントを寄せている。

凪待ち」は、6月から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

Love Story(6)[DVD] Love Story(6)[DVD]最安値: ¥4,104 未成年 DVD-BOX[DVD] 未成年 DVD-BOX[DVD]最安値: ¥19,699 合い言葉は勇気[DVD] 合い言葉は勇気[DVD]最安値: ¥13,475
腕におぼえあり DVD第二巻[DVD] 腕におぼえあり DVD第二巻[DVD]最安値: ¥5,076 西遊記 59,000枚限定版[DVD] 西遊記 59,000枚限定版[DVD]最安値: ¥4,404 シュート![DVD] シュート![DVD]最安値: ¥2,057
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報