英国俳優が紳士な引きこもりに!「マイ・ブックショップ」インタビュー映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月15日 > 英国俳優が紳士な引きこもりに!「マイ・ブックショップ」インタビュー映像
メニュー

英国俳優が紳士な引きこもりに!「マイ・ブックショップ」インタビュー映像

2019年3月15日 19:15

主人公の理解者となる老紳士を演じている「マイ・ブックショップ」

主人公の理解者となる老紳士を演じている
(C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]イギリスの文学賞ブッカー賞受賞作を、「死ぬまでにしたい10のこと」のイザベル・コイシェ監督が映画化した「マイ・ブックショップ」(公開中)から、ビル・ナイのインタビュー映像が公開された。

本作は、英国の保守的な田舎町に住む女性が、理想の書店を開くため奮闘する物語。スペインのアカデミー賞といわれるゴヤ賞で、作品賞・監督賞・脚色賞(2018年)に輝いた。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのデイヴィ・ジョーンズや、「ラブ・アクチュアリー」「アバウト・タイム 愛おしい時間について」などで知られ、「名探偵ピカチュウ」(5月公開)にも出演するナイ。本作では、40年も屋敷に引きこもり、読書だけを楽しみに生きてきた老紳士エドモンド・ブランディッシュ役で出演。書店を開こうとする主人公フローレンス・グリーン(エミリー・モーティマー)の理解者となり、2人は本を通して交流を深めていく。

ナイは「素晴らしい体験だった」と撮影を振り返り、「エミリー・モーティマーは細部まで、まさにフローレンスだった。あの役を彼女より上手く演じられる人は誰一人いない」とフローレンス役のモーティマーを称える。

コイシェ監督についても「脚色は名人芸だ。私の意見だが、監督はブランディッシュ氏とフローレンスの関係を印象的に豊かに描いた。それで物語がもっと共鳴できて、もっと感動できるものになった」と手腕を絶賛。「監督の撮影現場でのやり方がとても好きだね。彼女の人間性やユーモアも、俳優をとことん信頼し尊敬してくれるところも好きだ。まったく大胆で心の底から楽しんだよ」と、自身にとっても印象深い作品になったことを明かしている。

(映画.com速報)
死ぬまでにしたい10のこと[DVD] 死ぬまでにしたい10のこと[DVD] 最安価格: ¥1,080 癌を宣告された若い女性が残りの人生を悔いなく生きる様を描いた感動作。監督・脚本は「あなたに言えなかったこと」のイザベル・コヘット。
アバウト・タイム~愛おしい時間について~[DVD] アバウト・タイム~愛おしい時間について~[DVD] 最安価格: ¥1,000 「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報