本好き必見! 書店を開いた女性描く「マイ・ブックショップ」監督「私はAmazon嫌い」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月9日 > 本好き必見! 書店を開いた女性描く「マイ・ブックショップ」監督「私はAmazon嫌い」
メニュー

本好き必見! 書店を開いた女性描く「マイ・ブックショップ」監督「私はAmazon嫌い」

2019年3月9日 10:00

イザベル・コイシェ監督「マイ・ブックショップ」

イザベル・コイシェ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]イギリスの文学賞ブッカー賞受賞作を、「メリー・ポピンズ リターンズ」のエミリー・モーティマー主演、「死ぬまでにしたい10のこと」の女性監督イザベル・コイシェのメガホンで映画化した「マイ・ブックショップ」が公開された。スペインのゴヤ賞で3冠に輝いた本作は、英国の保守的な田舎町に住む女性が、理想の書店を開くため奮闘する物語。来日したコイシェ監督が作品を語った。

1959年イギリスのある海岸地方の町。書店が1軒もないこの町でフローレンスは戦死した夫との夢だった書店を開業しようとする。しかし、保守的な町ではフローレンスの行動は住民たちに冷ややかに迎えられる。フローレンスは偶然出会った本好きの老紳士に支えられ書店を軌道に乗せるが、彼女をよく思わない地元の有力者が書店をつぶそうと画策する…。フローレンス役をエミリー・モーティマーが演じるほか、パトリシア・クラークソンビル・ナイらが共演。

「読書の魔法は他の人生に入り込み、ひいては自分の人生になっていく」と、読書の喜びを語り、今作の原作との出合いをこう振り返る。「ロンドンの古本屋でたまたま見かけたのです。『The Bookshop』というタイトルに惹かれて、私はこれは買わなければと思ったのです。本が私を見つけてくれたのです」

「(原作者)ペネロピ・フィッツジェラルドは、ヨーロッパでもそれほど知られている作家ではありません。すごく変わった人で、この小説も60歳になってから出版されました。テムズ川の大きな船に病気の夫と3人の子供と住み、川に船が沈んで一から出直したりと、苦労もあったようです。主人公のフローレンスは良き人で、イノセントな部分がある。自分の行動の結果がどのように見られるのか、どうなるのか、自覚していないことがあります。彼女は小さな夢を持っており、どんな逆境においてもどんな結果になっても、自分のやりたいことを形にしようと行動する人。私は闘う人に敬意を持っています。自分とは人生が違うかもしれないけれど、そういった姿に惹かれたのです。小説を読んだときからつながりを感じ、読み終わってすぐ映画化したいと思いました」


画像2

(C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.
[拡大画像]

キャスティングについては、「エミリーには非常に英国らしさというものを感じるし、知的であるとともに、甘すぎない甘さを持ち合わせていると思うのです。様々な美徳が混ざり合っていることを感じさせてくれる女優。そして、彼女はロシア文学の修士を持っていて、本が彼女の人生の一部でもある。私は人が本を持った時に、その人が読書家かそうでないかすぐにわかるのです。だから、本当に本を愛している人に演じて欲しかった。そういった意味では、ビル・ナイも全く一緒。なんと、この話をしたときに、彼は原作を読んでいたのです。最初から、ビルにこのキャラクターを演じて欲しいと思っていたし、ビルの動き方や静的振る舞いが好きだった。エミリーとビルは面識はなかったけれど、お互いのことをとても好ましく思ったようで、非常に相性がよく、美しいシーンに仕上がったと思っています」と振り返る。なお、映画では今の時代に希望を感じさせたいとの意向で原作とは異なるエンディングを用意したそうだ。

闘うフローレンスと彼女を支える人々のドラマが丁寧に紡がれると同時に、見事に当時を再現した美術、細かく計算された色彩設計にも引き込まれる。「リサーチを重ねて独特のメランコリックな雰囲気、明るさからダークなトーンまで、物語やフローレンスの心情に合わせて意識して設計しました。参考にしたのは1950年代の英国の作品です。テクニカラーが登場し、独特の発色だったあの時代。衣装もフローレンスの心象風景を見事にワードローブで表現しています。そういったことができるのが、映画作りの楽しいところでもありますよね。それから、美術に関しても、当時の本屋がどのようであったか入念に調べあのです。あの書店は北アイルランドの村にはなかったので、内部まで全部作りこんで建てました。あとは、当時の本の表紙がどんなカバーだったのリサーチし、ナボコフの『ロリータ』の初版本があの緑色だったことがわかりました」

ホルヘ・ルイス・ボルヘス、フリオ・コルタサルらのほか、川端康成パトリック・モディアノなどスペイン語圏以外の作家の作品も好んで読み、大きな影響を受けてきたと明かす。「活字離れはおろかなことだと思います。読書によって自分の建設的な批評家精神を養うことでもあるし、世界の見方を教えてくれ、作ってくれるのも書物。世界で起きていることを受け入れたいのか、受け入れたくないのか、そういった理解を養うことができますし、時には孤独やおろかさに対する薬の役割も果たしてくれました。孤独でいるのは悪いことではありませんし、孤独について語り合える友人と出会うこともあります」

書籍の選び方については、Amazonをはじめとしたインターネットサービスを利用し、自分が目的とするものを見つけて買うという時代の流れとは反対に、書店での偶然の出合いを重視しているという。「私はAmazonは嫌いなんです。表示されるオススメも気にしません。一体私の何を知ってるの?と思ってしまう。今の世の中はアルゴリズムで動いているのはわかっているけれど、私には関係ないのです」

(映画.com速報)
死ぬまでにしたい10のこと[DVD] 死ぬまでにしたい10のこと[DVD] 最安価格: ¥1,080 癌を宣告された若い女性が残りの人生を悔いなく生きる様を描いた感動作。監督・脚本は「あなたに言えなかったこと」のイザベル・コヘット。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報