チャドウィック・ボーズマン、スパイク・リー監督のベトナム帰還兵描く新作に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月28日 > チャドウィック・ボーズマン、スパイク・リー監督のベトナム帰還兵描く新作に出演
メニュー

チャドウィック・ボーズマン、スパイク・リー監督のベトナム帰還兵描く新作に出演

2019年2月28日 20:00

チャドウィック・ボーズマン「ブラック・クランズマン」

チャドウィック・ボーズマン
Photo by Steve Granitz/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ブラックパンサー」のチャドウィック・ボーズマンが、スパイク・リー監督の新作映画「Da 5 Bloods(原題)」に出演交渉中であることが、米バラエティによってわかった。

アリーナ」「ロケッティア」を手がけた脚本家コンビ、ダニー・ビルソンポール・ディメオによる原案をもとに、リー監督がケビン・ウィルモット(「ブラック・クランズマン」)と共同で脚本を執筆、プロデューサーも兼ねる本作は、失ってしまった純粋な心を取り戻すべく、かつての戦地であるジャングルへと舞い戻ったベトナム帰還兵たちの葛藤と再生を描く群像劇だ。ボーズマンのほか、「マルコムX」「クルックリン」などリー監督作の常連として知られるデルロイ・リンドーと、フランスを代表する国際派俳優ジャン・レノも、主要キャストとして出演交渉を進めているという。

製作発表に際し、リー監督は同郷の人気アーティスト、ジェイ・Zによる地元ブルックリンでのライブ音源と映像を収めた「ライブ・イン・ブルックリン」の収録曲に引っ掛け、「兄弟(ブラザー)のジェイ・Zが歌った通り、『オン・トゥ・ザ・ネクスト・ワン(次の作品へ)』とでもいったところかな」とコメントしている。

同サイトが関係者から入手した話によれば、早ければ3月にも、撮影準備に入る予定だという。配給に関しては、リー監督の劇場映画デビュー作「シーズ・ガッタ・ハヴ・イット」のドラマシリーズ化を手がけるNetflixが最有力と見られている。

2006年の「インサイド・マン」以来最高となる全米興行収入を叩き出し、第91回アカデミー賞で脚色賞の栄冠を手にした「ブラック・クランズマン」で、映画界の第一線にカムバックを果たしたリー監督と、大ヒットマーベル映画「ブラックパンサー」で一躍スターダムに躍り出たボーズマンが、スクリーン上でどのようなケミストリーを生み出すのか、今から注目が集まる。

(映画.com速報)
ブラックパンサー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ブラックパンサー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,456 2016年公開の「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に初登場した新たなヒーロー、ブラックパンサーを主役に描くアクション映画。
インサイド・マン[Blu-ray/ブルーレイ] インサイド・マン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,349 「マルコムX」「ラストゲーム」のスパイク・リー監督とデンゼル・ワシントンのコンビが、共演にジョディ・フォスターとクライブ・オーウェンを迎えた犯罪サスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報