ルッソ兄弟の製作会社に「アベンジャーズ」脚本化チームが参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月10日 > ルッソ兄弟の製作会社に「アベンジャーズ」脚本化チームが参加
メニュー

ルッソ兄弟の製作会社に「アベンジャーズ」脚本化チームが参加

2018年6月10日 22:30

「アベンジャーズ」脚本化チームが参加「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」

「アベンジャーズ」脚本化チームが参加
Photo by Charley Gallay/Getty Images for Disney
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」などのマーベル映画を手がけるヒットメーカー、ルッソ兄弟が立ち上げた新会社AGBOに、これまでマーベル作品を執筆してきた脚本家コンビも重役として参加することが明らかになったと、Deadlineが報じている。

アンソニー・ルッソジョー・ルッソの兄弟監督は、「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」をきっかけに、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」を担当。来年公開の「アベンジャーズ4(仮題)」をもってマーベル作品からの引退を表明しており、昨年には制作会社AGBOを立ち上げるなど、準備に余念がない。

そしてこのほど、彼らの作品で脚本を執筆してきたクリストファー・マーカス、スティーブン・マクフィーリーのコンビがそろって同社に参加。すでに2人は、ルッソ兄弟がプロデューサーを務め、アンディ・ムスキエティ監督作として準備中のAGBO作品「The Electric State(原題)」の脚本を執筆しているが、同社のストーリー部門を統括する重役として正式に参加することになったという。

2人をマーベルから引き抜いた理由について、「彼らとは4つの作品で一緒に仕事をしただけでなく、他の多くのマーベル作品を助けてきたさまを見たからだ」とアンソニーは説明。また、マーカスも「マーベルの成功を他の場所で簡単に真似することができるなどと言うつもりはない」と前置きしながらも、「リーダーシップとスタッフと知的財産とのユニークな組み合わせをじっくり観察してきています」と自信をのぞかせている。

AGBOは、今年のサンダンス映画祭で「Assassination Nation(原題)」(サム・レビンソン監督)を獲得する一方、「スイス・アーミー・マン」のダニエル・シュナイナート&ダニエル・クワン監督の新作に出資するなど、活動を本格化している。

(映画.com速報)
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,196 アベンジャーズ抹殺の危機「全世界2000万人暗殺計画」阻止の為、最強の暗殺者〈ウィンター・ソルジャー〉との正義をかけた戦いを描くアクション・サスペンス超大作。
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,336 アベンジャーズが再結集し、前作よりもスケールアップした壮大な世界観で贈るアクション超大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi