「死霊館」と「ストレンジャー・シングス」のプロデューサー、新ホラー映画でタッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月11日 > 「死霊館」と「ストレンジャー・シングス」のプロデューサー、新ホラー映画でタッグ
メニュー

「死霊館」と「ストレンジャー・シングス」のプロデューサー、新ホラー映画でタッグ

2018年6月11日 04:00

ホラー映画でタッグ「死霊館」

ホラー映画でタッグ
Photo by Frazer Harrison/Getty Images for AIF、
Photo by Frazer Harrison/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「死霊館」シリーズを手がけるジェームズ・ワン監督と「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のプロデューサー、ショーン・レビィがNetflixの新作ホラー映画「There's Someone Inside Your House(原題)」でタッグを組むことが明らかになったと、Deadlineが報じた。

同作は、ステファニー・パーキンス著のヤングアダルト小説が原作で、ハワイからネブラスカ州に引っ越してきた女子高生が主人公。友達に恵まれ、好きな相手が出来たころ、友達がひとりひとり惨殺されていくというストーリー。「ブレックファスト・クラブ」のようなジョン・ヒューズ監督の青春映画と、1980~90年代に作られたスラッシャー映画を掛け合わせた作風になるという。

レビィ率いる21Lapsと、ワン監督のアトミック・モンスターが共同で製作を行う。ただし、ワン監督はDC映画「アクアマン」の仕上げの真っ最中のため、プロデューサー業に徹するという。脚本はDC映画「Shazam!」を執筆したヘンリー・ゲイデン(「アース・トゥ・エコー」)が手がける。

現在、21Lapsは「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン3の準備中。また、今年は「Kodachrome(原題)」(Netflix)、「The Darkest Minds〔原題)」(20世紀フォックス)、「Kin(原題)」(ライオンズゲート)と映画3作品の全米公開を控えている。アトミック・モンスターは、「死霊館」ユニバース最新作「The Nun(原題)」が9月7日、「アクアマン」が12月21日に全米公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • search サーチの評論 search サーチ ついに成功作が現れた、PCモニター上だけで展開する緊迫スリラー!!
  • ガンジスに還るの評論 ガンジスに還る インド流〈人生の終い方〉を確かな映画術で感性豊かな家族物語に昇華させた20代監督
  • ライ麦畑で出会ったらの評論 ライ麦畑で出会ったら 伝説のサリンジャーを探し出した高校生の、ほろ苦くも優しい青春グラフィティ
映画評論の一覧を見る
Jobnavi