インサイド・マン

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
インサイド・マン
インサイド・マン
8%
54%
33%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「マルコムX」「ラストゲーム」のスパイク・リー監督とデンゼル・ワシントンのコンビが、共演にジョディ・フォスターとクライブ・オーウェンを迎えた犯罪サスペンス。マンハッタンの銀行で強盗事件が発生。警察、銀行強盗、両者とも譲らず神経をすり減らすような心理戦を展開する中、銀行の女性顧問弁護士が交渉人として現場にやってくる……。

2006年製作/128分/アメリカ
原題:Inside Man
配給:UIP

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.0ダイヤはおすそ分け

2019年7月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

犯人が人質に紛れた感じに新鮮味はないが、主要な登場人物の正義と悪がアヤフヤなのが良い。

複雑に絡み合う展開になるのかと予想が付かない様で驚く場面などはなく、淡々と進んで行く印象も。

S・リーの演出が巧いのか?

彼には彼の作品を撮って欲しいし、コレじゃない感は拭えない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

4.0極上の登場人物たち

カメさん
2019年5月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.9
デンゼル・ワシントンとスパイク・リーの極太タッグに、ジョディ・フォスターの知的さが加わり、ワンランク上の上質なサスペンスに仕上がっている。
また核となる人物を後に、ゲディ家の当主も演じるクリストファー・プラマーを抜擢し、登場人物だけでも充分に楽しめる作品。
映画としてもリドリー・スコット並みの重厚なサスペンスとなり、スパイク・リーの好きな作品の1つといえる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

0.5良く分からなかった!!

2019年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

寝られる

それっぽい感じで一見良さそうですが、全然面白くなかったです。主題歌が印象的でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
𝔄𝔫𝔤𝔢𝔩𝔬

4.0売人にヤクを売るゲーム!殺されたら減点だ。

kossyさん
2019年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 人種問題を描いた映画が得意なスパイク・リー監督。人質になった銀行関係者とお客さんにも多種多様な人種を取り揃えました。とにかく人種だけは国際的すぎるため、ココはいったいどこ?と迷子にならないように注意しなければなりません。ところが、誰が犯人なのかと警察で一人一人取り調べを受けるシーンではわかりやすくて助かりました。

 この一人一人の証言シーンといえば、大林宣彦監督の『理由』を思い出してしまいますが、そこまで多い人数ではありません。プロローグとエピローグにクライブ・オーウェンの独白シーンを配置する効果とともに、犯行の流れに随時挿入する形をとるといった手法。意外とこれが緊張感を保つのです。そして、計算しつくされた完全犯罪とはどういうものか、彼らの脱出の手口とはどうやって・・・などと、かなりハラハラさせられます。

 もっともクライム・ムービーなので、犯人側に感情移入できないのじゃないかと心配される方でも大丈夫。襲われた銀行の会長、創設者はナチスに協力して巨額の富を得た人物なのです。血が流れるところに金儲けのチャンスがあるとばかり、武器商人のごとく暗躍した実業家の裏世界。もっと悪い奴らがいることを訴えつつ、犯人グループだって人質をなかなか殺さないし、このまま人を殺さないでくれ!と祈る想いになったしまいました。

 最終的な脱出方法はイマイチだったし、ジョディ・フォスター演ずる弁護士にもちょっと疑問符がつけられる。また、若干謎を残したままというのもすっきりしないのですが、そのマイナス部分を差し引いてもお釣りがくるくらいの心地よい緊張感を味わえた。

 登場人物50人を覚えられるか?!と、挑戦的な映画でもありましたけど、軽い気持ちで笑いながら観るのがいいのでしょうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全33件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「インサイド・マン」以外にこんな作品をCheck-inしています。