ブラック・クランズマン 特集: 【“実話”は飽きた? ならば、アカデミー賞もぶっ飛んだ《超・仰天実話》】…

ホーム > 作品情報 > 映画「ブラック・クランズマン」 > 特集 > 【“実話”は飽きた? ならば、アカデミー賞もぶっ飛んだ《超・仰天実話》】…
メニュー

ブラック・クランズマン

劇場公開日 2019年3月22日
2019年3月18日更新

【“実話”は飽きた? ならば、アカデミー賞受賞の《超・仰天実話》】
黒人刑事が白人至上主義団体に潜入捜査!? その方法は……前・代・未・聞!
「マルコムX」「セッション」「ゲット・アウト」の“融合”に必見フラグ立ちまくり!

画像1

数多の“実話映画”を超える衝撃――前代未聞の潜入捜査を描いた「ブラック・クランズマン」(3月22日公開)は、「これ、本当!?」と思わず二度見してしまいそうな“大仰天映画”だ! 「マルコムX」の名匠スパイク・リー監督と「セッション」の名プロデューサー、ジェイソン・ブラム、「ゲット・アウト」のジョーダン・ピール監督の“三強”が組み、黒人刑事が白人至上主義を掲げる秘密結社「KKK」に“あり得ない”捜査をぶっ込んだ実話を映画化。マジでウソみたいなホントの話、見たら確実に語りたくなる!


「ミッション・インポッシブル」より“インポッシブル”な超過激組織への潜入
 一体どうやった? 黒人×白人刑事凸凹バディが取った手法は──“超絶ナナメ上”!!

画像2

KKKは、名作小説「シャーロック・ホームズ」や「ジョジョの奇妙な冒険」などの漫画、「アメリカン・ヒストリーX」など数々の映画にも登場した「今なお、実在する」秘密結社。その中に“差別対象”である黒人が飛び込めば、どうなるのかは火を見るより明らか。ちょっと考えれば、どれだけ“無謀”、いや“不可能”かが分かるだろう――。だが、命を懸けてその不可能な任務に取り組んだ男たちがいた! 彼らはどのようにして、あり得ないミッションを実現させたのか? そこには、驚くべき真実が隠されていた!

画像3

[無理ッす!:任務]
無茶すぎ……黒人なのに白人オンリーの過激団体に“潜入”!
画像4

舞台は1970年代半ばのアメリカ。のどかな街で唯一の黒人警察官ロン(ジョン・デビッド・ワシントン)は、署内の差別や偏見に悩まされ、毎日くすぶっていた。そんなある日、KKKのメンバー募集広告を見かけたロンは、居ても立っても居られずKKKの担当者に電話! 過激トークで人種差別主義者と思わせることに成功したが、気に入られすぎて本部に招待されてしまった!? オイオイ、どうするんだ……!?


[無理ッす!:計画]
電話は黒人刑事、会うのは白人刑事! “二人一役”でダマせ!
画像5

追い込まれたロンは、奇想天外なプランを思いつく――それは、白人警察官と“二人一役”を演じること! 電話応対はロンが行い、実際にKKKメンバーと会うのはユダヤ人刑事のフリップ(アダム・ドライバー)が行うという超・無茶振りのアイデアだったが、署長からはまさかのGOサイン! 意を決し、KKKメンバーとの会合に出向くフリップだったが……!? スリリングな展開にハラドキが止まらない!


【予告編】フィクションですよね? 映画ですよね? いえいえ、実話です!

[無理ッす!:演技]
バレたら死亡! “自分は差別主義者”を死ぬ気で演じろ!
画像6

KKKにとっては、黒人もユダヤ人も差別対象。ふとしたことから本名がバレたロンも、KKKメンバーと顔を合わせるフリップも、とにかく命がけでダマさなければならない……ヤツらに気に入られて懐に入り込み、情報をつかんでブッ潰すためにも! 死ぬも生きるも一蓮托生、文字通り“二人で一つ”の運命共同体となったロンとフリップの異色コンビぶりが痛快! こんなバディもの、見たことない!


[無理ッす!:組織]
一般市民のフリして……KKKの“中の人”は予想以上にヤバかった!
画像7

だが、潜入先のKKKのメンバーは、本気でヤバかった! 暴力衝動に取りつかれた者、フリップが潜入捜査官でないかと疑う者、危険思想に身も心も染まったメンバーの妻……どう見てもアブなすぎる奴らに囲まれ、ロンとフリップは無事に任務を遂行できるのか? 次々に巻き起こる試練と衝撃の連続に、興奮必至! オフビートな笑いやラブストーリーも盛り込まれ、超一級のエンタメとして楽しめる!


アカデミー賞受賞だけじゃない! 本作は、映画ファンの“気になる”だらけ!
監督・キャスト・スタッフ・衝撃ラスト――《7つの“見たい!”フラグ》

画像8

「設定」と「物語」の斬新性に目を奪われがちだが、本作は決して飛び道具的な映画ではない。その“証拠”が、掘れば掘るだけある! 社会性とエンタメ性を追求してきたリー監督、ヒットの仕掛人ブラム、話題作「アス(原題)」の公開が控えるピール監督が奇跡のチームを結成し、緊迫感の中にも“笑い”を巧みに取り入れたハイクオリティな1本を生み出した。ブラック・カルチャーを色濃く映したスタイリッシュな衣装やクールな音楽も目と耳を楽しませ、ダレてしまう瞬間が一切ない!

画像9
~「ブラック・クランズマン」7つの“見たい!”~ ①名優D・ワシントンの息子×「SW」A・ドライバーの凸凹コンビが実にイイ! ②「マルコムX」の名匠スパイク・リー監督最高傑作=アカデミー賞脚色賞受賞! ③「ゲット・アウト」監督×「セッション」製作者も参加! 最強の布陣!! ④熱血アフロな主人公をはじめ、登場人物のキャラ立ちがとにかく最高! ⑤衣装に音楽、70年代のブラック・カルチャーがクールすぎ! ⑥「笑い」と「シリアス」の黄金比が絶妙! どこを切っても面白い!! ⑦“笑い”からの“衝撃”――このラストをアカデミー賞も評価した!
画像10

物語の核となる凸凹コンビには、デンゼル・ワシントンの息子であるジョン・デビッド・ワシントンと「スター・ウォーズ」「パターソン」のアダム・ドライバーという確かな実力を誇る2人が扮した。ワシントンとドライバーの見事な掛け合いは、観客の心を瞬く間につかんで離さないだろう。

画像11

さらに……ラストには、全く予想しえない「とんでもないシーン」が用意されている! 最後の最後に強烈なアッパーカットを食らわせてくる本作は、傑作ひしめくオスカーシーズンの映画の中でも、強烈な個性を放っている。“革新性”も“品質”も十二分“以上”のこの映画、絶対に見逃してはならない!

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

メッセージ映画であると同時に極上のエンタメでもあるスパイク・リーの会心作
映画評論

1970年代に、黒人でありながら白人至上主義の過激派団体KKKを潜入捜査するという困難なミッションに挑んだ元刑事ロン・ストールワースによる回顧録「ブラック・クランズマン」の映画化権を当初獲得したのは「ゲット・アウト」の監督ジョーダン・...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す