全米製作者組合賞はピーター・ファレリー監督「グリーンブック」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月21日 > 全米製作者組合賞はピーター・ファレリー監督「グリーンブック」
メニュー

全米製作者組合賞はピーター・ファレリー監督「グリーンブック」

2019年1月21日 15:00

ダリル・F・ザナック賞を受賞「グリーンブック」

ダリル・F・ザナック賞を受賞
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER
DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞作品賞の行方を占う最も重要な前しょう戦と言われる第30回アメリカ製作者組合(PGA)賞が、1月20日(現地時間)に発表された。

長編劇映画に与えられる最高賞、ダリル・F・ザナック賞を受賞したのは、ピーター・ファレリー監督「グリーンブック」。ここまでの賞レースは「ROMA ローマ」「女王陛下のお気に入り」「アリー スター誕生」「バイス」といった作品も交え混戦模様だが、「グリーンブック」がPGA賞を勝ち取り、オスカー作品賞の最有力候補に躍り出た。PGA賞は過去29回のうち受賞した21本(2014年に「ゼロ・グラビティ」と同時受賞した「それでも夜は明ける」を含む)が、そのままオスカー作品賞に輝いている。

グリーンブック」は1962年、人種差別が残る米南部でコンサートツアーをする黒人ジャズピアニストのドン・シャーリー(マハーシャラ・アリ)が、粗野で無教養なイタリア系のトニー・リップ(ビゴ・モーテンセン)を用心棒兼運転手として雇い、黒人用旅行ガイド“グリーンブック”を頼りに旅を始める実話を元にしたストーリー。ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の作品賞と主演男優賞(モーテンセン)、ゴールデングローブ賞コメディ/ミュージカル部門の作品賞、脚本賞、助演男優賞(アリ)を受賞している。

第30回PGA賞の主な受賞結果は以下の通り。

▽映画部門 「グリーンブック
▽アニメーション映画部門 「スパイダーマン スパイダーバース
▽ドキュメンタリー映画部門 「Won't You Be My Neighbor?
▽テレビシリーズ/ドラマ部門 「ジ・アメリカンズ」
▽テレビシリーズ/コメディ部門 「マーベラス・ミセス・メイゼル」
▽ミニシリーズ部門 「アメリカン・クライム・ストーリー ヴェルサーチ暗殺」
▽テレビ映画部門/「華氏451

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報