それでも夜は明ける

ALLTIME BEST

劇場公開日:

それでも夜は明ける

解説

第86回アカデミー作品賞受賞作。南部の農園に売られた黒人ソロモン・ノーサップが12年間の壮絶な奴隷生活をつづった伝記を、「SHAME シェイム」で注目を集めたスティーブ・マックイーン監督が映画化した人間ドラマ。1841年、奴隷制度が廃止される前のニューヨーク州サラトガ。自由証明書で認められた自由黒人で、白人の友人も多くいた黒人バイオリニストのソロモンは、愛する家族とともに幸せな生活を送っていたが、ある白人の裏切りによって拉致され、奴隷としてニューオーリンズの地へ売られてしまう。狂信的な選民主義者のエップスら白人たちの容赦ない差別と暴力に苦しめられながらも、ソロモンは決して尊厳を失うことはなかった。やがて12年の歳月が流れたある日、ソロモンは奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者バスと出会う。アカデミー賞では作品、監督ほか計9部門にノミネート。作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門を受賞した。

2013年製作/134分/PG12/アメリカ・イギリス合作
原題:12 Years a Slave
配給:ギャガ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) キウェテル・イジョフォー
最優秀助演男優賞 マイケル・ファスベンダー
最優秀助演女優賞 ルピタ・ニョンゴ
最優秀監督賞 スティーブ・マックイーン
最優秀脚本賞 ジョン・リドリー
最優秀作曲賞 ハンス・ジマー
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. in the rest of the World. All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0Shocking Tale from within the Last Two Centuries

2020年6月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

怖い

Chiwetel Ejiofor leads with finesse in this Hollywood-standard big history story told in avant-garde film style. McQueen crafts a fresh perspective at the painful mark of slavery. The modern touch to the film, as well as the more graphic and gruesome masochism brought to the screen, makes the past feel not so far away. Among the finest of the Best Picture winners, compliments your intelligence.

コメントする (0件)
共感した! 1件)
Dan Knighton

3.0現に今も問題となって続いているアメリカの負の部分。 同じ人間なのに...

2022年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

現に今も問題となって続いているアメリカの負の部分。
同じ人間なのに、実際にこういう時代があったのだと思うと観ていて悲しくなる。
自由黒人という人たちがいたことを初めて知った。
それでも夜は明けて自由になれても、救われない人たちがほとんどだった。
そう思うと切ない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よっしー

3.5酷い話だが米国黒人奴隷エピソードのほんの一側面なのだろう

2022年4月3日
PCから投稿

19世紀中ごろ、ニューヨークでは自由黒人であった男が、奴隷ブローカーにまんまと騙され拉致連行。
南部で強制労働に使役され、12年後に解放されたという実話実写化。

奴隷たちに対する仕打ちや暴力は誇張ということはなく、実際はもっと酷かったのではと容易に推察される

当時の奴隷制度を容認するアメリカ白人の横暴さに批判の目を向けるのは自然な感情ではあるが、自身に関して「我が身を振り返り」他者に対する非人道的な行為など脛に傷がなかったか思いを巡らすよき機会になったとも言える。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
resuwisshu311

2.0今も差別は残る ヨルダン川イイね

2021年12月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

なんか釈然としない。しかし、現実だから仕方ない。
JAZZの夜明け いやいや、ブラックミュージックの夜明けって事だなぁ。ヨルダン川(ワークソング)イイね。JAZZって差別用語だと理解した方が良い。
マンディンゴって映画があったけど、あちらの方が良かったかも。
終わり方が釈然としない。マックイーンって黒人の監督なんですね。遠慮してるな。差別は終わっていないんだから。
これが今年最後の映画。振り返れば、地獄の黙示録が今年の始まりだった。丑年の最初に見る映画では無く、今年はどうなるかと構えたら、ろくな事ない年だった。来年は良い映画たくさん見るぞ。
バイオリンって言っているが、フィドルでしょう。もっと音楽聞きたかったなあ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
マサシ
すべての映画レビューを見る(全193件)