劇場公開日 2014年3月7日

  • 予告編を見る

それでも夜は明けるのレビュー・感想・評価

3.7183
19%
59%
19%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全183件中、1~20件目を表示

5.0Shocking Tale from within the Last Two Centuries

2020年6月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

怖い

Chiwetel Ejiofor leads with finesse in this Hollywood-standard big history story told in avant-garde film style. McQueen crafts a fresh perspective at the painful mark of slavery. The modern touch to the film, as well as the more graphic and gruesome masochism brought to the screen, makes the past feel not so far away. Among the finest of the Best Picture winners, compliments your intelligence.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

2.5重い

Yoichiroさん
2020年12月27日
Androidアプリから投稿

奴隷制度の苛烈さ。人権を認められないことの地獄。辛い。自由は守らねばならない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yoichiro

5.0人はいかに人間を切り分けられるか

てけとさん
2020年8月28日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

悲しい

知的

残酷さが容認された時の人間て本当に恐ろしい。
この映画は凄惨な事実を伝えているけれど、グロやエロがダメな人でも見られるラインをしっかり守っていて、重いテーマでも幅広い人に見てもらう為の配慮がしっかりとされています。

加えて、黒人白人と一括りにせずに、この時代のアメリカ南部のプランテーション下の環境とはいかなものだったのか。
この環境でどの様な立ち位置の人が生まれ、それぞれがそこにどう馴染んだり自分を守りながら生活していたのかが汲み取れる内容になっています。

人権が守られない場で、下の環境にいればいかに的にされずに耐えるかが生き延びる道になり、上にいれば良い振る舞いを全ての人にする事や自分の非道を理解する事もまた難しい事と感じます。
さまざまな人や状況があり、それを産み出す空気を見せてくれる。ただ被害者の立場で訴えるだけでも加害者の立場で話をすり替えるでもなくで、主人公の理知的な視点からアメリカの差別問題の複雑さと根幹が垣間見える映画じゃないかと思います。
とはいえ見たあとは悔しさで胸がいっぱいになりますねー

真面目になっちゃったので、あとは一言メモ
アメリカにおけるキリスト教の絶対感は本当に不思議だと思う。
ニガーが如何に禁句であるのかがよく分かる。
主役の人が大好きなキンキーブーツのローラちゃんだったのは嬉しみポイント。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
てけと

4.0奴隷

2020年8月15日
iPhoneアプリから投稿

12年間の奴隷生活をもとにした実話作品
映像として見るとこんな事実があったなんて面食らってしまった
アカデミー作品賞受賞作です
社会の縮図というか人間の汚いところが上手く描かれている
当時白人である雇い主達が自分が悪人である事を自覚できない世の中だった事に衝撃を受けた
終わり方もなんとも言えない気持ちになりとても考えさせられる作品です

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ビタミン

4.0自由黒人という言葉の違和感とか、自由黒人の証明書とか、これが現実だ...

tomoさん
2020年7月2日
iPhoneアプリから投稿

自由黒人という言葉の違和感とか、自由黒人の証明書とか、これが現実だったのかと、すごく衝撃でショックだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomo

4.0ブラッド・ピット、グッジョブ!

kossyさん
2020年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 自由な北部と劣悪な南部が浮彫にされていた。ただし、奴隷制度が正当だった南部の価値観と本来の人間の姿などがはっきりと区別されている。もちろん、もっとも悪く描かれるのは悪徳奴隷商人たち。最初にソロモン(イジョフォー)と婦人イライザを買ったフォード(カンバーバッチ)は牧師もしているし、むしろよい白人で、その他にもブラピ演ずるバスや奴隷の仲間入りしたアームズビーなんかもユニークなキャラで登場する。

 完璧な悪人がポール・ダノだったりマイケル・ファスベンダーなのですが、白人たちの善悪がはっきりさせるほど強烈に描いている割には黒人側の描き方が足りない気もします。主人公ソロモン(南部ではプラット)の目線ではあるものの、彼が首を吊られているときに、他の奴隷たちは見て見ぬふりを決めているし、彼にしてもパッツィ(ニョンゴ)の背を鞭で叩いていたりするのだ。同胞をいたぶる辛さも感じるけど、この辺りが納得できなかった・・・

 今年観た『ハリエット』の方が自分の思想を曲げずに突っ走る感じでエンタメ性もあり感情を揺さぶる作品だったのに対し、こちらは文学的主観が邪魔している気もする。これもバイオリンも弾けるインテリだったためなのか、拉致された奴隷船での効果音+音楽が身震いするほど良かっただけに、南部での生活に訴えてくるものが感じられなかった。

 せっかく自由人になったのに再び拉致され奴隷化させられるというプロットは実話だけに痛々しいものがありました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
kossy

3.5世に出すべき題材

こなさん
2020年7月1日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
こな

3.5目を離してはいけない

irisさん
2020年7月1日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
iris

3.0決して面白い映画ではないが、今見るべき映画。

せーじさん
2020年6月7日
iPhoneアプリから投稿

決して面白い映画ではないが、今見るべき映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せーじ

5.0それでも夜はまだ明けていない。

光陽さん
2020年6月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

悲しい

こんな奴隷制度があったなんて信じられないくらいですが、でも実際にあったんですよね。
けして楽しい映画ではありませんが、というよりも観ていて苦しくなる映画ですが、事実から目を背けてはならないですね。今もなお差別は色濃く残っているのですから。
実にリアルにこの映画を作られた監督や制作スタッフやキャストの皆様に敬意を表したいと思います。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 10 件)
光陽

4.5観ていて辛さしか出てこない

とよさん
2020年6月2日
Androidアプリから投稿

苦しんだものが真実を見つけていくのかな

ショーシャンクスの空に を最後に思い出したなー

特徴的な悪い文化はいずれ改正されていく

その時代の犠牲者達にだけ希望という願望があるのでしょう

この映画は教訓になる

思考も擬似体験している感覚が強かったので
だいぶ映画にどっぷり観入ってしまった

人間がこの先何になっていくのか、想像もつかない。

愚かな文化の結晶を見た

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
とよ

4.0決してハッピーエンドではないけれど…

ゆいさん
2020年5月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆい

3.5あ、差別とかいじめって絶対無くならないんだって思える作品

Theo5さん
2020年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Theo5

3.5これが事実に基づく話とは。かなり心して見ないと精神を病みそうになります。

2020年4月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

これが事実に基づく話とは。かなり心して見ないと精神を病みそうになります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お手紙食べるほうのヤギ

4.0人はどこまでも残忍になれる 違う人生も選べる

桜3さん
2020年2月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

今まで気になってたけど、見るの避けてた。

よくある奴隷制度物語、奴隷にする方が悪で、奴隷になる方が善みたいな構図だろうと敢えて見るの抵抗があった。

確かに残忍。

その残忍さ、昨今の動物虐待にも通じる。

残忍になってしまった人間の悲しさ。怒り。

その残忍さ、の芽は私にもある。

するかしないか。

どう生きるか、その選択は自分がすること。

たとえどんな残忍な親のもとで、残忍な扱いを受けても、無自覚に親と同じことをするのか、違う人生を選ぶか。

それは自分で選べる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
桜3

3.0良い映画だけど

2020年2月11日
iPhoneアプリから投稿

胸糞悪い。彼は抜け出せたけど、それ以外の人達は何も変わらないまま。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

3.0奴隷

2020年2月9日
スマートフォンから投稿

悲しい

怖い

人間が人間に対してここまで残酷なことをしていた事実。ブラピは妨害にあいながらもプロデュサーとして努力して製作、公開にこぎつけたと聞く。アメリカ南部の白人達は自分の祖先がこういうことをしていたとよく観ておくべき。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ブロディー署長

4.0タイトルなし

lilyroseさん
2020年2月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

難しい

1841年
南部の農園に売られた北部の自由黒人
ソロモン・ノーサップの12年間
その壮絶な生活を綴った伝記映画
.
12年の時を経て身分を回復し帰郷
字の読み書きもでき教養が高いが奴隷時代はトラブルのもととなるため隠していた
その後伝記本を出版し奴隷解放運動にも携わるが晩年の動向は一切不明…
.
監督スティーヴ・マックイーンが映画化
主人公はキウェテル・イジョフォー
選民主義者の農園支配人残酷なエップスを
マイケル・ファスペンダー
ベネディクト・カンバーバッチ ポール・ダノ
ブラッド・ピットと名俳優たちが顔を揃える
.
幸せではない…それが普通の日常だった
黒人奴隷制度の時代
どうしてそこまで非情になれるのか
制度そのものに嫌悪感が募るばかり
それでも帰郷できたソロモンはまだよかった
廃止された後も続く対立や理不尽な差別
そのルーツと目を背けてはいけない現実
.
.
第86回アカデミー賞
作品賞・脚色賞・助演女優賞 受賞作

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lilyrose

3.5痛々しい。

R♪さん
2020年2月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

普通の生活が幸せ。

主役俳優の演技が凄かった。

あんなにヴァイオリンの音が切なかった事はないよ(>_<)

人身売買、良く出るワードですが、本当にあるんですね💧

あんなにヴァイオリンが上手な平民はなかなかいません😓

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
R♪

4.0つらい夜明け

2020年1月26日
PCから投稿

痛々しく悲しい映画だった。主人公は救われたけど、同じように運命に翻弄された他の登場人物は救われず、そこまでは守れなかった歯がゆさも残る。特に、パッツイが悲しかった。彼らも解放されたと信じたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000
「それでも夜は明ける」の作品トップへ