スピルバーグ監督のリメイク版「ウエストサイド物語」ヒロインに無名の17歳・女子高生 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月20日 > スピルバーグ監督のリメイク版「ウエストサイド物語」ヒロインに無名の17歳・女子高生
メニュー

スピルバーグ監督のリメイク版「ウエストサイド物語」ヒロインに無名の17歳・女子高生

2019年1月20日 11:00

スティーブン・スピルバーグ監督「ウエスト・サイド物語」

スティーブン・スピルバーグ監督
Photo by Chance Yeh/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督がメガホンをとるリメイク版「ウエスト・サイド物語」ヒロインに、無名の17歳の女子高生が大抜てきされたことがわかった。米Deadlineが報じている。

アーサー・ローレンツ原作、レナード・バーンスタイン作曲、スティーブン・ソンドハイム作詞の「ウエスト・サイド物語」は、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」を下敷きにしたミュージカル劇で、1957年にブロードウェイで初演され大ヒットを記録。61年にロバート・ワイズ監督が映画化し、第34回アカデミー賞で作品賞を含む全10部門を制した。

スピルバーグ監督によるリメイク版の主人公トニー役には、「ベイビー・ドライバー」「きっと、星のせいじゃない。」のアンセル・エルゴートが決定しているが、その相手役となるマリア役が新人レイチェル・ゼグラーに決定。米ニュージャージー州に住む17歳の女子高生だという。

ウエスト・サイド物語」は、ポーランド系アメリカ人たちの非行グループ「ジェット」と、プエルトリコ系の非行グループ「シャーク」の対立を軸に展開することから、スピルバーグ監督はプエルトリコ出身者やラテン系俳優を起用することにこだわってきたという。大抜てきされたゼグラーは、昨年1月にTwitterでリメイク版のキャストを募集していることを知り、ビデオを送ったことがきっかけで起用されることになった。ゼグラーは、「コロンビア系アメリカ人として、ヒスパニックの人たちにとても重要なキャラクターを演じる機会を与えられ、大きな責任を感じています」とコメントを発表している。

リメイク版の脚本は、「ミュンヘン」「リンカーン」でスピルバーグ監督と組んだトニー・クシュナーが執筆。今夏にクランクインする予定。

(映画.com速報)
ベイビー・ドライバー[Blu-ray/ブルーレイ] ベイビー・ドライバー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 エドガー・ライト監督が、音楽にのりながら驚異の運転テクニックを発揮する若きドライバーの活躍を描いたオリジナル作品。
きっと、星のせいじゃない。[Blu-ray/ブルーレイ] きっと、星のせいじゃない。[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 不治の病にかかった若い男女の恋を描いた全米ベストセラー小説「さよならを待つふたりのために」を、シャイリーン・ウッドリー主演で映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報