スティーブン・スピルバーグ、DCヒーロー映画「ブラックホーク」でメガホンか : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月15日 > スティーブン・スピルバーグ、DCヒーロー映画「ブラックホーク」でメガホンか
メニュー

スティーブン・スピルバーグ、DCヒーロー映画「ブラックホーク」でメガホンか

2018年5月15日 14:30

スティーブン・スピルバーグ監督「レディ・プレイヤー1」

スティーブン・スピルバーグ監督
Photo by Chance Yeh/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース]最新作「レディ・プレイヤー1」の世界的大ヒットにより、監督作品(計33本)の全世界累計興収が100億ドル(約1兆1000億円)に達した史上初の映画監督となった巨匠スティーブン・スピルバーグが、同作に続く米ワーナー・ブラザースとのタッグで、DCコミックス原作のスーパーヒーロー映画「ブラックホーク(原題)」を手がけることがわかった。米バラエティが報じている。

1941年にデビューした旧クオリティ・コミックス社の看板ヒーローを、DCコミックスが引き継ぎシリーズ化した同作は、第二次世界大戦下、エースパイロットからなる精鋭部隊を率いて枢軸国やスーパーヴィランズと戦う謎多きヒーロー、ブラックホークの活躍を描いたもの。「ジュラシック・パーク」「宇宙戦争」など数多くの作品でスピルバーグ監督とタッグを組んできたデビッド・コープが脚本を執筆、スピルバーグはクリスティ・マコスコ・クリーガーと共に、自身の製作会社アンブリン・エンタテインメントを通じてプロデュースを手がけるのに加えて、自らメガホンをとる意向だという。

スピルバーグ監督は現在、2020年7月10日に全米公開が予定されている大人気シリーズの最新作「インディ・ジョーンズ5(仮題)」の準備にあたっており、その後にリメイク版「ウエスト・サイド物語」が控えていることから、「ブラックホーク」が始動するのはまだまだ先になりそうだ。史上初の“100億ドル監督”スピルバーグが初めて手がける本格的なヒーロー映画とあって、今後の進捗に期待がかかる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi