「ブラックパンサー」作曲家、実写ドラマ版「スター・ウォーズ」の音楽を担当 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月7日 > 「ブラックパンサー」作曲家、実写ドラマ版「スター・ウォーズ」の音楽を担当
メニュー

「ブラックパンサー」作曲家、実写ドラマ版「スター・ウォーズ」の音楽を担当

2019年1月7日 11:30

新ストリーミングサービスDisney+ (ディズニープラス)で独占配信される「イコライザー2」

新ストリーミングサービスDisney+
(ディズニープラス)で独占配信される
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「スター・ウォーズ」ユニバース初の実写ドラマシリーズ「ザ・マンダロリアン(原題)」の音楽を、「ブラックパンサー」などの作曲家で知られるルートビッヒ・ヨーランソンが担当することが明らかになった。

「スター・ウォーズ」の公式サイトが発表したもので、ヨーランソンは「『スター・ウォーズ』の音楽の伝統を継承しつつ、『ザ・マンダロリアン』を未知の領域に導きたいと思います」と抱負を述べている。スウェーデン出身のヨーランソンは、2007年にロサンゼルスに移住し、南カリフォルニア大学で出会ったライアン・クーグラー監督の「フルートベール駅で」の音楽を担当。その後、「クリード チャンプを継ぐ男」「ブラックパンサー」でもタッグを組んでいる。また音楽プロデューサーとしても活動し、ドナルド・グローバーの音楽名義であるチャイルディッシュ・ガンビーノの楽曲も手がるヒットメーカーだ。

ちなみに、「ザ・マンダロリアン(原題)」は、人気キャラクター、ボバ・フェットの故郷である惑星マンダロリアを舞台に、孤高のガンマンの活躍を描くドラマ。主人公はNetflixドラマ「ナルコス」でブレイクし、「キングスマン ゴールデン・サークル」「イコライザー2」などに出演しているペドロ・パスカルが演じる。

「ザ・マンダロリアン(原題)」は、今年の下半期に全米でローンチする新ストリーミングサービス、Disney+(ディズニープラス)で独占配信される。

(映画.com速報)
ブラックパンサー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ブラックパンサー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,165 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のヒーロー、ブラックパンサーを主役に描くアクション映画。
フルートベール駅で[DVD] フルートベール駅で[DVD] 最安価格: ¥3,283 一般市民の青年が警官に銃殺された実在の事件を、27歳の新人監督ライアン・クーグラーが映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報