ディズニーのストリーミング配信サービスの名称は「Disney+」に

2018年11月13日 12:00

ストリーミング配信サービスの名称は「Disney+」
ストリーミング配信サービスの名称は「Disney+」

[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーは、2019年ローンチ予定のストリーミング配信サービスの名称を「Disney+」(ディズニー・プラス)とすると発表した。

先発のNetflix、アマゾン、Huluといったストリーミング配信との最大の違いは、Disney+のなかに「ディズニー」「ピクサー」「マーベル」「スター・ウォーズ」「ナショナル・ジオグラフィック」と、5つのレーベルが存在する点だ。大枠のサービスのなかに傾向の異なるレーベルが複数ある構成は、ディズニーパーク内に幾つものランドが存在する仕組みと似ている。

それぞれのレーベルではオリジナルコンテンツが用意されており、「スター・ウォーズ」向けには「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」に登場したカシアン(ディエゴ・ルナ)を主人公にした実写ドラマが制作されることが新たに発表された。既に制作中の「ザ・マンダロリアン(The Mandalorian)」に続き、2本目の実写ドラマとなる。

「マーベル」向けには、人気キャラクターのロキ(トム・ヒドルストン)を主人公にしたドラマの制作が決定。正式発表はされていないものの、スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)とヴィジョン(ポール・ベタニー)、ファルコン(アンソニー・マッキー)とウィンター・ソルジャー(セバスチャン・スタン)の2組を題材にしたテレビドラマ2作も準備中と言われている。いずれも、映画版と同じ俳優が演じることになっている。

「ピクサー」向けには「モンスターズ・インク」のテレビアニメ版が準備中、「ディズニー」向けにはリブート版「ハイスクール・ミュージカル」が用意されている。Disney+のアメリカでのローンチは、19年下半期の予定だ。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ]

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥3,336

「スター・ウォーズ」シリーズの「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」をつなぐ、これまで語られることのなかった物語を映画化。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース