ローリング・ストーン誌が選ぶ2018年のワースト映画10本 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月5日 > ローリング・ストーン誌が選ぶ2018年のワースト映画10本
メニュー

ローリング・ストーン誌が選ぶ2018年のワースト映画10本

2019年1月5日 20:00

「The Happytime Murders」に出演した メリッサ・マッカーシー「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」

「The Happytime Murders」に出演した
メリッサ・マッカーシー
Photo by Jeffrey Mayer/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ローリング・ストーン誌が2018年のワースト映画10本を発表した。選考を行ったのは同誌の辛口映画評論家として知られるピーター・トラバース氏。ワースト1位に選ばれたのは、「セサミストリート」のマペットたちがドラッグや下ネタに興じるR指定コメディ「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」で、「21世紀最低の映画に匹敵する低俗さを達成。おめでとう」と手厳しい。

米ローリング・ストーン誌が選ぶ2018年のワースト映画10本

1 「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」(ブライアン・ヘンソン監督)
2 「ギャング・イン・ニューヨーク」(ケビン・コノリー監督)
3 「Life Itself」(ダン・フォーゲルマン監督)
4 「Robin Hood」 (オットー・バサースト監督)
5 「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(J・A・バヨナ監督)
6 「MEG ザ・モンスター」(ジョン・タートルトーブ監督)
7 「レッド・スパロー」(フランシス・ローレンス監督)
8 「死霊館のシスター」(コリン・ハーディ監督)
9 「フィフティ・シェイズ・フリード」(ジェームズ・フォーリー監督)
10 「ヴェノム」(ルーベン・フライシャー監督)

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報