フッド ザ・ビギニング

劇場公開日

フッド ザ・ビギニング

解説

「キングスマン」「ロケットマン」のタロン・エガートンが主演し、これまでにも何度も映画化されてきた、中世イングランドの伝説的英雄ロビン・フッドの誕生秘話を描いたアクション。イングランドの広大な屋敷に暮らす若き領主ロビン・ロクスリーは、何の苦労も知らずに生きてきた。しかし、十字軍に徴兵され遠い異国で戦い、4年を過ごして帰ってくると、ロビンは戦死したものとして領地も財産も没収されていた。どん底に落ちたロビンだったが、戦地では敵だった最強の戦士ジョンに導かれ、腐敗した政府に対して反逆を開始する。頭巾(フッド)で顔を隠したロビンは、政府から盗んだ金を領主として献上し、次第に権力のトップに近づいていく。そんなロビンは、貧しき者たちの代弁者として民衆の心をつかんでいくのだが……。共演にオスカー俳優のジェイミー・フォックスら。監督はこれが長編映画初挑戦となるオットー・バサースト。製作にレオナルド・ディカプリオ。

2018年製作/116分/G/アメリカ
原題:Robin Hood
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5エガートンのフィジカルの高さを堪能するには絶好の作品

2019年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

話は概ねロビン・フッドの英雄伝説なのだが、もはや、ここには中世イングランドの趣きはほぼ皆無。細部の演出も、アクションも、衣装も、従来のロビン・フッド映画の縛りを跳ね除けて、自由に躍動する。おいおい、ちょっと待てよ。そんな疑問もいつしか払拭され、やがて、観客は本作がロビン・フッドに名を借りた青春活劇だと気づくはず。そもそも、タロン・エガートンをロビン役に迎えた時点で、作品のコンセプトは決まっていたのだろう。そして、タロン・ロビンの軽やかにアクティブなことと言ったら。ここでの彼は、「ロケットマン」でステージに上がった時とそれほど違いはない。エガートンのフィジカルの高さを堪能するには絶好の作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
清藤秀人

2.5中世の『ねずみ小僧』

2022年7月11日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

中世イングランドを舞台に、頭巾の義賊:ロビン・フッドの活躍を描いたアクション。

■ストーリーが単調でつまらない。
特に盛り上がりもなく、気付けばもう後半・・・そして続編匂わして終わった・・

■弓矢アクションしか見所がない
弓矢のアクションくらいしか見所がありません。
アベンジャーズのホークアイよりロビンフッドの方が強いのは間違いなし。

■ファッションが現代風でカッコイイ
中世時代でありながらフードとかキルティング加工の上着とかなんか現代風w
アサシンクリード風でカッコイイw

ちょっと期待外れかな~。物足りない不完全燃焼な映画でしたm(__)m

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
▼・ᴥ・▼ Leo★/R

3.0超カッケー中世の若き領主!

2022年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
前のアカウントの削除や取り消しもできないので、

これからは「星のナターシャnova」

以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。
==============
お馴染みロビン・フットの前日譚

アベンジャーズのフォークアイとか
ハンガーゲームのカットニスとか、
弓矢を武器とするヒーローがチラホラ出てきてましたが
まさに真打ち登場!ロビン・フット!!(笑)

弓矢ってピストルやライフル程の殺傷力は無いけど

飛び道具だし音もしないから
また違ったアクションが成立する。

アクション好きな方もぜひ楽しんで下さいな。

タロン・エガートンが、
アル中と薬中でボテボテだった
エルトン・ジョンを演じた身体を
スリムに戻して
超カッケー中世の若き領主を演じてます。

ちょっと、フレッシュ(1998)な頃の

デカプリオの「仮面の男」を思い出したわ。

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

中世のアクションものなんだけど

衣装がとっても洗練されていて、

敵役の革のジャケットが今風の背広に見えるのよね。

まるで現代の既得権益にしがみ付く
官僚や、
大企業のトップに見える〜〜

ロビン・フットの衣装もいかにも中世というよりは
もっとカッコイイ感じにアップデートされてて
魅せてくれます。

自らも支配階級の一部でありながら

民衆のために立ち上がる謎の人物!ロビン!
その正体を知った元恋人が
民衆にはリーダーが必要なのよ!と主人公に囁く
ある意味微妙よね〜〜

リーダーがいれば民衆は動くだろうか?
本当に今の日本人は映画の様に動くだろうか?
どうも現実社会が酷過ぎて
何観ても政治的に観てしまう〜

現実がきつい分、せめて映画で溜飲を下げて下さいませ!!

@お勧めの鑑賞方法は?
アクション物をちまちまスマホで観て何が面白いんだか〜〜
映画館に決まってるじゃない〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
星のナターシャnova

2.5何度も観てしまうが、見る度に評価が下がる稀有な映画‼️❓

2022年4月29日
PCから投稿

最初観た時は良い映画だと思いました、映画館なので、見栄えが良かったのでしょう。
マーベルのような華があるので何度も観てしまうが、あまり深いものが無いので、自己嫌悪に落ちます。
キリスト教の暗部に幻滅するからでしょうか。
時代考証がチープだからでしょうか。
似たようなものが多いからでしょうか。
吹き替えが低質だからでしょうか。
いや、何度も観るものでは無いからでしょう。
一度は、どうぞ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 20 件)
アサシン5
すべての映画レビューを見る(全108件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「フッド ザ・ビギニング」以外にこんな作品をCheck-inしています。