ロビン・フッド(原題)のレビュー・感想・評価

ロビン・フッド(原題)

劇場公開日 2019年秋
1件を表示 映画レビューを書く

何回も作られているので....... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

イギリスのみならず、世界中で一度は、映画や本でロビンフッドの物語を目にした方は、多くおられると思うが、この映画に関しては、奇をてらったという言い方があっているのか?ホワイトウォッシングを避けるためか?言い尽くされ表現され尽くされているので、目新しさを狙ったのか?何とも大胆なシナリオとなりすぎているので、個人的についていけない自分がいる。リトル・ジョンは話の中では、もちろん白人で、その名前とは裏腹に一説では7フィート(2m13cm)の大男とされている。どちらかというと、物語の中では、この映画とは真逆で、むしろコミカルな出会いをロビンフッドとリトル・ジョンはするのだけれども。そういえばアメリカのTVシリーズ「コンバット(1962)」でもリトル・ジョン上等兵がいたような....?

 Robin stole from the rich and gave to the poor.
 It became a bedtime story.
 But listen, forget history.
 Forget what you've seen before.
 Forget what you think you know.
 This is no bedtime story.

視聴者は概ね支持をしているが、amazon.comのレビューでは☆5より☆1のほうがうわまっている。イギリスの新聞紙でウェブサイトもあるLondon Evening Standardのコメント「この作品は最初のRobin Hood映画からは、かけ離れたもので、確実に最後になるわけではないが、最悪な映画として跳ね除けてしまうために次世代からの協力が必要である。」世界最古の新聞紙Times (UK)のコメントは、「この映画全体は、馬鹿げた冗談のようなものだけれども、初監督のオットー・バサーストの才能と勇気によって成し遂げられている。」撮影場所はクロアチアのドゥブロブニク、知っている人はそのたたずまいに息を呑むことは必至かも知れない。

個人的には、少し手厳しいかもしれないが、"You must forget to see the movie."と言える。
しかし、レオナルドさん、予算110億円、宣伝費も入れるとA box-office bombとなる可能性がありますよ。しかも本国アメリカではPG-13という視聴制限もついているので、拝金主義映画会社、ディズニーのようにうまく子供も見ることのできるGを獲得する賢明さも必要ですよ。......すみません言い過ぎです。
個人的な意見として、個人攻撃と思っていただいてもよいが、リトル・ジョンを演じたジェイミー・フォックス、オスカーを獲り、“Hollywood Walk of Fame”にもなり、順風満帆のようだったのに、あの飲んだくれの問題児、メル・ギブソンのように差別発言や黒人至上主義を振りかざし、挙句の果てには、何を思ったのか、神を冒涜する発言も飛び出している。このような方が出ているような映画は、自ずと内容の低さがわかってしまう。失礼、Mr.フォックス.........!?

Naaki
Naakiさん / 2019年4月24日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報