米ヴァニティ・フェア誌が選ぶ、2018年のベスト映画10本 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月1日 > 米ヴァニティ・フェア誌が選ぶ、2018年のベスト映画10本
メニュー

米ヴァニティ・フェア誌が選ぶ、2018年のベスト映画10本

2019年1月1日 15:00

「ROMA ローマ」「幸福なラザロ」

「ROMA ローマ」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ヴァニティ・フェア誌のチーフ批評家リチャード・ローソンが、2018年に公開されたベスト映画10本のランキングを発表した。

1位は、Netflixで配信中のアルフォンソ・キュアロン監督による話題作「ROMA ローマ」。2位は、「ウィンターズ・ボーン」のデブラ・グラニク監督が、ベン・フォスター&トーマサイン・マッケンジーを主演にオレゴン州ポートランドの森で暮らす父娘を描いた「Leave No Trace」。3位は、亡くなった有名人の手紙を偽造販売していた伝記作家リー・イスラエルの実話をメリッサ・マッカーシー主演で描いた「Can You Ever Forgive Me?」だった。

米ヴァニティ・フェア誌のベスト映画ランキング、トップ10は以下の通り。

1.「ROMA ローマアルフォンソ・キュアロン監督
2.「Leave No Trace」デブラ・グラニク監督
3.「Can You Ever Forgive Me?」マリエル・ヘラー監督
4.「Free Solo」エリザベス・C・バサヒリィジミー・チン監督
5.「万引き家族是枝裕和監督
6.「女王陛下のお気に入りヨルゴス・ランティモス監督
7.「ミッション:インポッシブル フォールアウトクリストファー・マッカリー監督
8.「アリー スター誕生ブラッドリー・クーパー監督
9.「ハッピー・アズ・ラザロ(英題)アリーチェ・ロルバケル監督
10.「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴーオル・パーカー監督

(映画.com速報)
ゼロ・グラビティ 3D&2D ブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ] ゼロ・グラビティ 3D&2D ブルーレイセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,110 アルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報