劇場公開日 2019年4月19日

  • 予告編を見る

幸福なラザロ : 関連ニュース

ポン・ジュノ監督が選ぶ「お気に入りの映画」35作品

ポン・ジュノ監督が選ぶ「お気に入りの映画」35作品

第92回アカデミー賞で作品賞をはじめ4冠に輝いた「パラサイト半地下の家族」のポン・ジュノ監督は、マーティン・スコセッシ監督やクエンティン・タランティーノ監督をはじめ、キム・ギヨン監督、今村昌平監督、木下惠介監督ら優れた映画監督たちの大ファン... 続きを読む

2021年5月3日
ポン・ジュノが選ぶ2010年代の映画5本

ポン・ジュノが選ぶ2010年代の映画5本

フランスの映画情報誌Premiereが、2019年末に「2010年代の映画」を特集。その後行われた第92回アカデミー賞で、最多4冠を獲得した「パラサイト半地下の家族」のポン・ジュノが、5つの作品を挙げている。Premiereの記事からコメン... 続きを読む

2020年5月4日
監督が主演女優をSNSで発掘 母を亡くしたダウン症の娘と父親の旅「わたしはダフネ」6月公開

監督が主演女優をSNSで発掘 母を亡くしたダウン症の娘と父親の旅「わたしはダフネ」6月公開

最愛の母を亡くしたダウン症の娘と父親が、悲しみを乗り越えて、互いを理解し合うかけがえのない旅へと歩みだす姿を描き、2019年の第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門にて国際批評家連盟賞を受賞したイタリア映画「DAFNE」が「わたしはダフネ」... 続きを読む

2020年3月9日
ポン・ジュノ監督が選ぶ2020年代に注目すべき監督20人 日本からは「寝ても覚めても」監督が選出

ポン・ジュノ監督が選ぶ2020年代に注目すべき監督20人 日本からは「寝ても覚めても」監督が選出

第92回アカデミー賞で作品賞をはじめ4冠に輝いた「パラサイト半地下の家族」を手がけたポン・ジュノ監督が、英国映画協会(BFI)発行のサイト&サウンド誌のゲストエディターを務め、2020年代に注目すべき監督20人を発表した。日本からは、「ハッ... 続きを読む

2020年2月28日
カンヌ脚本賞「幸福なラザロ」A・ロルバケル、インスピレーションの源は“小説より奇な”事実

カンヌ脚本賞「幸福なラザロ」A・ロルバケル、インスピレーションの源は“小説より奇な”事実

中世に迷い込んだかのようなのどかな農村の暮らし。一見、貧しくも屈託なく日々を送る村人たちと、おっとりとした働き者の若者ラザロ。だが現実の時は20世紀終盤、その土地は地主の女侯爵が素朴な小作農たちを時の流れから封じ込め、隷属状態のまま搾取し続... 続きを読む

2019年4月19日
無垢な魂を抱いた青年描くカンヌ受賞作「幸福なラザロ」予告編

無垢な魂を抱いた青年描くカンヌ受賞作「幸福なラザロ」予告編

2018年の第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門脚本賞受賞作「幸福なラザロ」の予告編が公開された。カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作「夏をゆく人々」などで世界から注目されるイタリアの女性監督アリーチェ・ロルバケルが、死からよみがえっ... 続きを読む

2019年2月6日
スコセッシ監督が絶賛! 現代の聖人を描くカンヌ脚本賞受賞作「幸福なラザロ」4月公開

スコセッシ監督が絶賛! 現代の聖人を描くカンヌ脚本賞受賞作「幸福なラザロ」4月公開

第71回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した、アリーチェ・ロルバケル監督作「ハッピー・アズ・ラザロ(英題)」が、「幸福なラザロ」の邦題で4月19日に公開されることがわかった。巨匠マーティン・スコセッシが絶賛し、映画完成後という異例のタイミング... 続きを読む

2019年1月18日
米ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ、2018年のベスト映画10本

米ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ、2018年のベスト映画10本

米ニューヨーク・タイムズ紙が、2018年に公開されたベスト映画10本のランキングを発表した。1位は、「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロン監督による話題作「ROMAローマ」。2位は、韓国のイ・チャンドン監督が村上春樹の短編小説「納屋... 続きを読む

2019年1月2日
米ヴァニティ・フェア誌が選ぶ、2018年のベスト映画10本

米ヴァニティ・フェア誌が選ぶ、2018年のベスト映画10本

米ヴァニティ・フェア誌のチーフ批評家リチャード・ローソンが、2018年に公開されたベスト映画10本のランキングを発表した。1位は、Netflixで配信中のアルフォンソ・キュアロン監督による話題作「ROMAローマ」。2位は、「ウィンターズ・ボ... 続きを読む

2019年1月1日
シッチェス映画祭で「未来のミライ」アニメ部門制覇!作品賞はG・ノエ新作

シッチェス映画祭で「未来のミライ」アニメ部門制覇!作品賞はG・ノエ新作

スペインで開催された第51回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭で、細田守監督の「未来のミライ」がアニメーション部門最優秀長編作品賞を受賞した。オフィシャル・ファンタスティック・コンペティション部門では、鬼才ギャスパー・ノエ監... 続きを読む

2018年10月15日
【パリ発コラム】「万引き家族」のパルムドールは満場一致 第71回カンヌ国際映画祭総評

【パリ発コラム】「万引き家族」のパルムドールは満場一致 第71回カンヌ国際映画祭総評

是枝裕和の「万引き家族」がみごとパルムドールに輝き、有終の美を飾って幕を閉じた第71回カンヌ国際映画祭。後日、審査員のひとりであるロベール・ゲディギャンがフランスのマスコミに語ったところでは、パルムドールに関しては満場一致で決まったのだとい... 続きを読む

2018年6月2日
是枝裕和監督、カンヌ最高賞受賞「社会のなかで見過ごされがちな人々を可視化」

是枝裕和監督、カンヌ最高賞受賞「社会のなかで見過ごされがちな人々を可視化」

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された「万引き家族」がパルムドールを受賞した是枝裕和監督が、5月19日(現地時間)の受賞式後、日本の報道陣の前でその喜びを語った。パルムドールのトロフィーを持って現れた是枝監督は、「授賞式後... 続きを読む

2018年5月20日
第71回カンヌ映画祭、是枝裕和、濱口竜介監督作がコンペ出品

第71回カンヌ映画祭、是枝裕和、濱口竜介監督作がコンペ出品

5月8日から19日まで開催される第71回カンヌ国際映画祭のオフィシャル・セレクションのラインナップが、4月12日(現地時間)発表になった。コンペティションはオープニングを含めて現状18本(追加がある予定)。そのうち日本映画は、濱口竜介の「寝... 続きを読む

2018年4月12日
「幸福なラザロ」の作品トップへ