米ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ、2018年のベスト映画10本 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月2日 > 米ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ、2018年のベスト映画10本
メニュー

米ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ、2018年のベスト映画10本

2019年1月2日 16:00

「万引き家族」は3位に「幸福なラザロ」

「万引き家族」は3位に
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ニューヨーク・タイムズ紙が、2018年に公開されたベスト映画10本のランキングを発表した。

1位は、「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロン監督による話題作「ROMA ローマ」。2位は、韓国のイ・チャンドン監督が村上春樹の短編小説「納屋を焼く」をアレンジして描いたミステリードラマ「バーニング 劇場版」。3位は、ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネートされている是枝裕和監督「万引き家族」だった。

4位は、作家アントニオ・ディ・ベネデットの小説をルクレシア・マルテル監督が映画化した「Zama」。18世紀、南米の僻地に送られたスペインの役人が、家族のもとに帰る日を待ちわびながらも10年の月日が経ち、ついに耐えかねて軍に入隊し悪党を追う旅に出る。

米ニューヨーク・タイムズ紙のベスト映画ランキング、トップ10は以下の通り。

1.「ROMA ローマアルフォンソ・キュアロン監督
2.「バーニング 劇場版イ・チャンドン監督
3.「万引き家族是枝裕和監督
4.「Zama」ルクレシア・マルテル監督
5.「ハッピー・アズ・ラザロ(英題)アリーチェ・ロルバケル監督
6.「ブラック・クランズマンスパイク・リー監督
7.「First Reformed」ポール・シュレイダー監督
8.「スターリンの葬送狂騒曲アーマンド・イアヌッチ監督
9.「Monrovia, Indiana」フレデリック・ワイズマン監督
10.「Colophon(for the Arboretum Cycle)」ナサニエル・ドースキー監督

(映画.com速報)
ゼロ・グラビティ[Blu-ray/ブルーレイ] ゼロ・グラビティ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥952 アルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報