第71回カンヌ映画祭、是枝裕和、濱口竜介監督作がコンペ出品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月12日 > 第71回カンヌ映画祭、是枝裕和、濱口竜介監督作がコンペ出品
メニュー

第71回カンヌ映画祭、是枝裕和、濱口竜介監督作がコンペ出品

2018年4月12日 20:33

是枝裕和「万引き家族」(上)と 濱口竜介「寝ても覚めても」「万引き家族」

是枝裕和「万引き家族」(上)と
濱口竜介「寝ても覚めても」
(C)2018「万引き家族」 製作委員会
(C)2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS
[拡大画像]

[映画.com ニュース]5月8日から19日まで開催される第71回カンヌ国際映画祭のオフィシャル・セレクションのラインナップが、4月12日(現地時間)発表になった。コンペティションはオープニングを含めて現状18本(追加がある予定)。そのうち日本映画は、濱口竜介の「寝ても覚めても」と是枝裕和の「万引き家族」の2本が選ばれた。他にはジャン=リュック・ゴダールジャ・ジャンクーイ・チャンドンスパイク・リーといった名前が並び、今年は例年に比べ常連勢が減った印象だ。

数日先駆けて発表になったオープニング・フィルムは、イランのアスガー・ファルハディペネロペ・クルスハビエル・バルデムを起用してスペインで撮影した「Everybody Knows(英題)」。イラン関連では、ジャファル・パナヒの新作もコンペに選ばれており、ティエリー・フレモーが発表会見で語ったところでは、パナヒ監督がカンヌに来場予定であるという。

事前に期待されていたグザビエ・ドランジャック・オーディアールの両作は、制作側の方針でセレクションが無理になったという。また2部作となるパオロ・ソレンティーノの新作も、前編が映画祭以前に公開になるために選出されなくなった。さらに前評判で名前が上がっていたラース・フォン・トリアーに関しては「数日以内に答えが出る予定」とフレモーが語った。


会見の模様「万引き家族」

会見の模様
[拡大画像]

ある視点部門にも初監督作が目立ち、いまのところ日本映画はない。一方、短編コンペティションには日本から5人の共同作品であるDualityが入選した。

また昨年議論になったNetflix制作作品だが、今年もフレモーは、コンペの映画は劇場公開が条件であることを新たに強調。その他の部門に関しては拒否するわけではなく、いまも条件などを交渉中であることを匂わせた。

また、今年新たに導入されるシステムとして物議を醸し出したのは、朝いちばんに開催されるプレス用上映がなくなることだ。これは公式上映に先立つプレス上映によってツイッターやブログ等で情報が先に露出してしまうのを避けるためらしい。これによって記者会見等の時間割も抜本的に変更になるため、プレスのあいだでは動揺が広がっている。さらにレッドカーペットではセルフィー禁止という辞令も出た。

ともかく、追って発表になる追加作品や他部門のラインナップも含め、5月の開催まで、まだまだ何が起こるかわからない状況だ。(佐藤久理子)

▽コンペティション部門
アスガー・ファルハディEverybody Knows(英題)
ステファヌ・ブリゼAt War
マッテオ・ガローネDogman
ジャン=リュック・ゴダールLe Livre D'Image(英題:The Picture Book)
濱口竜介寝ても覚めても
クリストフ・オノレSorry Angel
エバ・ユッソン「Les filles du soleil(英題:Girls of the Sun)
ジャ・ジャンクーAsh Is Purest White
是枝裕和万引き家族
ナディーン・ラバキーCapernaum
イ・チャンドンBurning
スパイク・リーBlacKkKlansman
デビッド・ロバート・ミッチェルアンダー・ザ・シルバー・レイク(原題)
ジャファル・パナヒThree Faces
パベウ・パブリコフスキZimna wojna(英題:Cold War)
アリーチェ・ロルバケルLazzaro Felice
A・B・ショウキー「Yomeddine
キリル・セレブレンニコフLeto(英題:Summer)

▽ある視点部門
アリ・アバシ「Grans(英題:Border)」
Meyem Benm'Barek「Sofia」
アンドレア・ベスコン&エリック・メタイェル「Little Tickles」
ビー・ガン「Long Day's Journey Into Night」
ナンディタ・ダス「Manto」
アントワーヌ・デロジエール「Sextape」
ルカス・ドーン「Girl」
バネッサ・フィロ「Angel Face」
バレリア・ゴリノ「Euphoria」
ガヤ・ジジ「My Favorite Fabric」
ワヌリ・カヒウ「Rafiki(英題:Friend)」
エチエンヌ・カロス「Die Stropers(英題:The Harvesters)」
ウルリッヒ・クーラー「In My Room」
ルイス・オルテガ「El Angel(英題:The Angel)」
Adilkhan Yerzhanov「The Gentle Indifference of the World」

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi