「スター・ウォーズ」最新TVシリーズ、日本のアニメから強い影響 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月30日 > 「スター・ウォーズ」最新TVシリーズ、日本のアニメから強い影響
メニュー

「スター・ウォーズ」最新TVシリーズ、日本のアニメから強い影響

2018年11月30日 16:00

トーラ役を務める声優・佐藤美由希も参加「スター・ウォーズ フォースの覚醒」

トーラ役を務める声優・佐藤美由希も参加
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 千葉・幕張メッセで開催中の「東京コミックコンベンション2018」(通称:東京コミコン2018)で11月30日、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」以前の物語を描いた最新テレビシリーズ「スター・ウォーズ レジスタンス」のPRイベントが行われ、エグゼクティブ・プロデューサーのアシーナ・ポルティーヨ、複数のエピソード制作に携わるポリゴン・ピクチュアズのジャック・リアンが出席した。

銀河帝国の残党から生まれたファースト・オーダーが勢力を拡大する中、未知なる可能性を見出された若きパイロットのカズが、BB-8とともにスパイとして、ファースト・オーダーに潜入する。パイロットの活躍にスポットをあて、スピード感あふれる空中戦が見どころになっている。

ポルティーヨは「今まで見たことがないアニメーションにしたかった。具体的には、3Dアニメーションで作画しても、見た目は2D。そんなテイストを意識した」といい、「影響を受けたのは、『マクロス』シリーズ、『シドニアの騎士』『山賊の娘ローニャ』といった日本のアニメーションなんです」。スパイものとしてのユーモアも盛り込まれており、リアンは「ルパン三世」の影響も明かしていた。

ルーカスフィルムとポリゴン・ピクチュアズは、「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」でもタッグを組んでおり「豊富な知識と技術を与えてくれて、毎回学ぶことがある。強いこだわりをもったスタジオ」(ポルティーヨ)、「かん口令が敷かれて大変だったけど(笑)、『スター・ウォーズ』の新たな物語を手がけられるなんて、ワクワクするもの。見たことないアニメ表現を目指し、最高の挑戦になった」(リアン)と互いに全幅の信頼を寄せた。

イベントにはヒロインであるトーラ役を務める声優・佐藤美由希が駆けつけ、「オファーをいただいたときは、正直信じられない気持ちだった。私も『スター・ウォーズ』ファミリーの一員として、トーラの魅力を伝えていければ」と抱負を語った。

「スター・ウォーズ レジスタンス」は12月9日、ディズニーXDとBSテレビ局Dlifeにて初回特別エピソードが日本初放送される。

(映画.com速報)
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,385 2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されたSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。
スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ〈フォース・シーズン〉 コン...[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ〈フォース・シーズン〉 コン...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥10,831 「スター・ウォーズ」シリーズの新3部作「エピソード2/クローンの攻撃」と「エピソード3/シスの復讐」の間に位置する“クローン戦争”を描いた長編CGアニメーション。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報