玉座奪還、50人VS敵軍8万人 実写「キングダム」最新特報でストーリーが判明! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月23日 > 玉座奪還、50人VS敵軍8万人 実写「キングダム」最新特報でストーリーが判明!
メニュー

玉座奪還、50人VS敵軍8万人 実写「キングダム」最新特報でストーリーが判明!

2018年11月23日 12:00

山崎賢人らの意志がみなぎる熱演も収録「キングダム」

山崎賢人らの意志がみなぎる熱演も収録
(C)原泰久/集英社
(C)2019映画「キングダム」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 原泰久氏の人気漫画を実写映画化する「キングダム」の最新特報映像が初披露された。主人公・信(山崎賢人)と若き王・政(吉沢亮)が出会い、玉座奪還のため50人で敵軍約8万人に挑む姿などが収められており、今作の中心となるストーリーが初めて明らかになった。

コミックスの累計発行部数は3600万部を突破した大人気漫画を、「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」「BLEACH」などの佐藤信介監督がメガホンをとり実写化。キャストには山崎と吉沢をはじめ、長澤まさみ橋本環奈本郷奏多満島真之介高嶋政宏、要潤、大沢たかおらが名を連ね、脚本は佐藤監督、黒岩勉、原作の原氏が手がけている。

500年以上も動乱が続いた春秋戦国時代(紀元前770~221年)の中国大陸での史実をベースに、奴隷のように虐げられた少年・信(山崎)が天下一の大将軍になるまでを描く一大叙事詩。特報映像では、友を失った信と玉座を奪われた政が邂逅を果たし、たった50人で8万人の敵兵に立ち向かう模様をとらえている。無数の兵士たちがぶつかり合い、楊端和(長澤)や王騎(大沢)が敵をなぎ倒す、大規模かつ壮絶なアクションシーン。そして剣を握る信が、瞳を閉じ「行くぞ」とつぶやくなど、意志の力がみなぎる心情描写。キャスト、スタッフ陣の思いがこもる数々のショットを通じ、時代が動き出す瞬間を表現した壮大な仕上がりだ。

キングダム」は、2019年4月19日から全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報