キングダム

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
キングダム
キングダム
33%
46%
15%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久のベストセラー漫画を山崎賢人主演で実写映画化。紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の秦の国。戦災孤児の少年・信と漂は奴隷の身分から天下の大将軍になることを目標に掲げ、日々の剣術の鍛錬に励んでいた。ある時、漂は王都の大臣・昌文君に召し上げられて王宮へ入ることなり、信と漂はそれぞれ別の道を歩むこととなる。違う場所にいても、誓い合った夢をともにかなえようと信じていた2人だったが、王宮では王の弟・成きょうがクーデター起こし、その混乱の中で漂は命を落とす。やがて信は、漂が王座を追われた若き王・えい政の身代わりになったことを知り、生き延びたえい政に対して怒りを覚えるが、漂の遺志を受けてえい政と行動をともにすることになり……。原作者が脚本にも参加し、大規模な中国ロケと広大なオープンセットでの撮影などで原作世界を再現。山崎が主人公の信を演じ、吉沢亮がえい政と漂を1人2役で演じた。そのほかの共演に長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、満島真之介、高嶋政宏、要潤、大沢たかお。監督は「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」「図書館戦争」などの佐藤信介。

2019年製作/134分/G/日本
配給:東宝、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
原泰久
脚本
黒岩勉
佐藤信介
原泰久
製作
北畠輝幸
今村司
市川南
谷和男
森田圭
田中祐介
小泉貴裕
弓矢政法
林誠
山本浩
本間道幸
エグゼクティブプロデューサー
木下暢起
伊藤響
企画
稗田晋
村田千恵子
プロデューサー
松橋真三
北島直明
森亮介
平野宏治
アソシエイトプロデューサー
高秀蘭
ラインプロデューサー
小沢禎二
中国ユニットラインプロデューサー
角田道明
撮影監督
河津太郎
撮影
島秀樹
照明
小林仁
録音
横野一氏工
美術監督
斎藤岩男
美術
瀬下幸治
装飾
秋田谷宣博
衣装デザイン
宮本まさ江
ヘアメイク
本田真理子
編集
今井剛
音楽
やまだ豊
音楽プロデューサー
千田耕平
主題歌
ONE OK ROCK
アクション監督
下村勇二
キャラクター特殊メイクデザイン
藤原カクセイ
特殊造形統括
藤原カクセイ
VFXスーパーバイザー
神谷誠
小坂一順
かつら
濱中尋吉
コンセプチュアルデザイン(山の民)
田島光二
DIプロデューサー
齋藤精二
カラーグレーダー
齋藤精二
スクリプター
田口良子
助監督
李相國
制作担当
吉田信一郎
中国ユニット制作担当
濱崎林太郎
テクニカルプロデューサー
大屋哲男
中国史監修
鶴間和幸
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第43回 日本アカデミー賞(2020年)

受賞

最優秀助演男優賞 吉沢亮
最優秀助演女優賞 長澤まさみ

ノミネート

最優秀作品賞  
最優秀監督賞 佐藤信介
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27
  • 画像28
  • 画像29

(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

映画レビュー

4.5「進撃の巨人」との差はどこで生まれたのか

2020年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

興奮

いやはや、近年の邦画界では東宝にしかできない豪華な超大作だ。旬の若手スターたちに、脇にも主演級をずらりと揃え、壮大な世界観をCGを駆使して再現、ワイヤーアクションを含む活劇も大盤振る舞い。ただ、中国の歴史劇を日本で実写化するという超難題を思えば、同じ東宝配給の「進撃の巨人」級の大惨事になるリスクもあったはず。何が両者を分けたのか。

ひとえに、関わった人々それぞれの熱量の違いではないか。原作者・原泰久による脚本作りへの参加、俳優たちのアクションへの献身、「GANTZ」や「いぬやしき」でもCGを活用して経験を積んできた佐藤信介監督の確かな演出力などなど、個々の熱量の総和が圧倒的だったからこそ、この難ミッションを高いレベルで達成し得たのだろう。

続編製作が決まったのも朗報だが、主要キャストの年齢を考慮すると3作目で完結が現実的か。原作は今も連載中で、物語の配分も大変だろうが、大いに期待する。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
高森 郁哉

4.0キャスティングは成功! 次が勝負な期待作

2020年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

最初に正直に言います。今まで映画「キングダム」に触れることを意識的に避けていました。それは、評価をすると「ギリギリ3.5点かな?」くらいなイメージで、そこまでポジションな反応ができなかったからです。とは言え、「2019年の邦画実写興行収入NO1」の作品です。良さが無いわけがありません。そこで、頭を初期化して3回目に挑んでみました。

まず、すぐに大人に成長したシーンになりますが、そこでの安堵感が凄いと感じました。たったの1年くらいなのに、山崎賢人と吉沢亮の現実世界での活躍が凄く、2人への思い入れがかなり強くなったようで、彼らのシーンだけで「画」になっている安心感が生まれていました。
この作品は原作の人気と、キャスティングの段階で既に半分は成功していたんですね。
そして、製作コストを渋らなかった効果は「映像」にも出ていました。こういう製作者たちの努力が日本での興行収入 57.3億円に結びついた点は大いに評価したいと思います。
アクションも邦画実写では上位な方ですし、規模感では「レッドクリフ」級だったのかもしれません。
後半に出てくるだけの長澤まさみは、あれだけの登場で日本アカデミー賞助演女優賞を受賞するくらいの芸達者ですし、大沢たかおにいたっては、さらに登場シーンが少ないのに最後に美味しいところを全部かっさらっていくほどの存在感で、橋本環奈も含めて、やはりキャスティングの勝利は大きかったですね。

では、逆に試写などの段階で、なぜそこまで評価できなかったのか考察したいと思います。
まず、大まかには、本作は「キングダム」という続いている漫画がベースにあるので、世界観にどれだけ入り込めているのか、で評価は大きく変わってくると思います。
例えば「ロード・オブ・ザ・リング」にしても最初は「何が面白いんだろう」くらいの評価でしたが、章が進むにつれて入り込め「王の帰還」では世界中で「映画史に残る名作!」に変わったように、本作はまだ「はじまり」を描いているので、どうなっていくのかは、これからの展開と出来次第なのだと思います。
実際に、日本の観客に救われましたが、期待されていた海外では残念な結果だったのです。

正式に続編製作が決まったので、期待を込めて、本作で気になっていた点を具体的に挙げてみます。
まず、緩急をつけるための「ギャグシーン」が、3回見てもコケていると感じてしまいました。
少ないシーンなので、ここはディレクションを変えると良い気がします。
また、これは「アクション映画」全体の課題ですが、「ワイヤーアクション」という言葉があるように、ここを、より自然に(ワイヤーなど無いように)見せられると良いと感じました。
さらに、これも本作に限った話ではないですが、私は「ラスト近くで敵が、あえて主人公を殺さずに、なぜか会話を始めてしまい、そして、結局、主人公に殺されてしまう」というパターンは、リアリティーを感じにくくなります。ここは脚本をさらに練り上げて上手く処理してもらえるとクオリティーが上がり評価も高まると思われます。

さて、第2弾は、キャスティングは既に成功していますし、「戦」が中心になるとのことで、世界観も温まってきているので、日本では歴代興行収入ベスト100位に入れるくらい(現時点の100位は「ファインディング・ドリー」の68.3億円)に行けることが目標でしょうか。そして、今度こそ海外で火がついてくれたら、その先も盛り上がりそうで嬉しいですね。いずれにしても、次が勝負だと思います。
主題歌のONE OK ROCKの「Wasted Nights」は作品の世界観に合っていたので、こちらも続投で再び盛り上げてくれることを期待したいです。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
細野真宏

3.5史劇としてなかなかに本格的

2019年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

佐藤信介監督は、漫画の実写映画化を最も成功に多く導いている監督と言っていいかもしれない。本作も日本映画としては破格のスケール感で原作の魅力に迫っている。漫画に寄せるというより、本格的な中国史劇ものに寄せるという気持ちが功を奏している。まあ漫画も本格的な中国史劇なので、それが漫画に寄せることにも繋がるのだが。佐藤監督は原作の中身のエッセンスの核をきちんといつも理解している。それを実写という媒体に翻案するにはどうすればいいかとわかっているのだろう。表面的に似せても仕方がないということを知っている監督だと思う。
役者陣では吉沢亮に坂口拓が抜群に良い。坂口拓がいることで本作はアクション大作としての格を一つ上げたと思う。吉沢亮は線が細いながらもしなやかなアクションを見せてくれたし、王としての風格をきっちりと表現していた。非常に良い役者だと思う。山崎賢人も猪突猛進さも清々しかった。原作はここから先もすごく面白いし続編も作って欲しい。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 11 件)
杉本穂高

4.5漫画が好きだったので、実写化されると聞いた時は不安でした。 実際に...

2021年2月24日
iPhoneアプリから投稿

漫画が好きだったので、実写化されると聞いた時は不安でした。
実際に観てみると世界観やストーリーも壊される事なく素晴らしい作品。
特に吉沢亮、長澤まさみ、本郷奏多、坂口拓が演技が素晴らしく印象に残っています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちーちゃん
すべての映画レビューを見る(全881件)