劇場公開日 2019年4月19日

  • 予告編を見る

キングダムのレビュー・感想・評価

3.8879
33%
46%
15%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全879件中、1~20件目を表示

4.5「進撃の巨人」との差はどこで生まれたのか

2020年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

興奮

いやはや、近年の邦画界では東宝にしかできない豪華な超大作だ。旬の若手スターたちに、脇にも主演級をずらりと揃え、壮大な世界観をCGを駆使して再現、ワイヤーアクションを含む活劇も大盤振る舞い。ただ、中国の歴史劇を日本で実写化するという超難題を思えば、同じ東宝配給の「進撃の巨人」級の大惨事になるリスクもあったはず。何が両者を分けたのか。

ひとえに、関わった人々それぞれの熱量の違いではないか。原作者・原泰久による脚本作りへの参加、俳優たちのアクションへの献身、「GANTZ」や「いぬやしき」でもCGを活用して経験を積んできた佐藤信介監督の確かな演出力などなど、個々の熱量の総和が圧倒的だったからこそ、この難ミッションを高いレベルで達成し得たのだろう。

続編製作が決まったのも朗報だが、主要キャストの年齢を考慮すると3作目で完結が現実的か。原作は今も連載中で、物語の配分も大変だろうが、大いに期待する。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
高森 郁哉

4.0キャスティングは成功! 次が勝負な期待作

2020年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

最初に正直に言います。今まで映画「キングダム」に触れることを意識的に避けていました。それは、評価をすると「ギリギリ3.5点かな?」くらいなイメージで、そこまでポジションな反応ができなかったからです。とは言え、「2019年の邦画実写興行収入NO1」の作品です。良さが無いわけがありません。そこで、頭を初期化して3回目に挑んでみました。

まず、すぐに大人に成長したシーンになりますが、そこでの安堵感が凄いと感じました。たったの1年くらいなのに、山崎賢人と吉沢亮の現実世界での活躍が凄く、2人への思い入れがかなり強くなったようで、彼らのシーンだけで「画」になっている安心感が生まれていました。
この作品は原作の人気と、キャスティングの段階で既に半分は成功していたんですね。
そして、製作コストを渋らなかった効果は「映像」にも出ていました。こういう製作者たちの努力が日本での興行収入 57.3億円に結びついた点は大いに評価したいと思います。
アクションも邦画実写では上位な方ですし、規模感では「レッドクリフ」級だったのかもしれません。
後半に出てくるだけの長澤まさみは、あれだけの登場で日本アカデミー賞助演女優賞を受賞するくらいの芸達者ですし、大沢たかおにいたっては、さらに登場シーンが少ないのに最後に美味しいところを全部かっさらっていくほどの存在感で、橋本環奈も含めて、やはりキャスティングの勝利は大きかったですね。

では、逆に試写などの段階で、なぜそこまで評価できなかったのか考察したいと思います。
まず、大まかには、本作は「キングダム」という続いている漫画がベースにあるので、世界観にどれだけ入り込めているのか、で評価は大きく変わってくると思います。
例えば「ロード・オブ・ザ・リング」にしても最初は「何が面白いんだろう」くらいの評価でしたが、章が進むにつれて入り込め「王の帰還」では世界中で「映画史に残る名作!」に変わったように、本作はまだ「はじまり」を描いているので、どうなっていくのかは、これからの展開と出来次第なのだと思います。
実際に、日本の観客に救われましたが、期待されていた海外では残念な結果だったのです。

正式に続編製作が決まったので、期待を込めて、本作で気になっていた点を具体的に挙げてみます。
まず、緩急をつけるための「ギャグシーン」が、3回見てもコケていると感じてしまいました。
少ないシーンなので、ここはディレクションを変えると良い気がします。
また、これは「アクション映画」全体の課題ですが、「ワイヤーアクション」という言葉があるように、ここを、より自然に(ワイヤーなど無いように)見せられると良いと感じました。
さらに、これも本作に限った話ではないですが、私は「ラスト近くで敵が、あえて主人公を殺さずに、なぜか会話を始めてしまい、そして、結局、主人公に殺されてしまう」というパターンは、リアリティーを感じにくくなります。ここは脚本をさらに練り上げて上手く処理してもらえるとクオリティーが上がり評価も高まると思われます。

さて、第2弾は、キャスティングは既に成功していますし、「戦」が中心になるとのことで、世界観も温まってきているので、日本では歴代興行収入ベスト100位に入れるくらい(現時点の100位は「ファインディング・ドリー」の68.3億円)に行けることが目標でしょうか。そして、今度こそ海外で火がついてくれたら、その先も盛り上がりそうで嬉しいですね。いずれにしても、次が勝負だと思います。
主題歌のONE OK ROCKの「Wasted Nights」は作品の世界観に合っていたので、こちらも続投で再び盛り上げてくれることを期待したいです。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
細野真宏

3.5史劇としてなかなかに本格的

2019年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

佐藤信介監督は、漫画の実写映画化を最も成功に多く導いている監督と言っていいかもしれない。本作も日本映画としては破格のスケール感で原作の魅力に迫っている。漫画に寄せるというより、本格的な中国史劇ものに寄せるという気持ちが功を奏している。まあ漫画も本格的な中国史劇なので、それが漫画に寄せることにも繋がるのだが。佐藤監督は原作の中身のエッセンスの核をきちんといつも理解している。それを実写という媒体に翻案するにはどうすればいいかとわかっているのだろう。表面的に似せても仕方がないということを知っている監督だと思う。
役者陣では吉沢亮に坂口拓が抜群に良い。坂口拓がいることで本作はアクション大作としての格を一つ上げたと思う。吉沢亮は線が細いながらもしなやかなアクションを見せてくれたし、王としての風格をきっちりと表現していた。非常に良い役者だと思う。山崎賢人も猪突猛進さも清々しかった。原作はここから先もすごく面白いし続編も作って欲しい。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 11 件)
杉本穂高

4.0ただただ長沢まさみ

2021年1月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

面白かった‼️続編楽しみ。大沢のキャラ、立ちすぎだけどキャラ立たせるのが漫画。キャラの背景描くのが映画。さぁこの映画はどっちだ🎵

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello

5.02回映画館で鑑賞

2020年12月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

実写化という事で、あまり期待しないで見に行きましたが、最高傑作でした。 私は、原作を読んでいないので余計に感動したのかもしれませんが、映画を見終わった後すぐに、絶対もう一回見に行こうと思いました。長女も、もう一回見たいと言い、一緒に映画館に2回目を見に行き、その後アニメ版を見尽くして、主題歌のワンオクのWasted Nightsだけしか聞かない時期があったほど、この映画に惚れました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
クローバー

2.0吉沢亮さん

2020年12月21日
iPhoneアプリから投稿

吉沢亮さんが出演者で1番輝いていたと思います。
長澤まさみさんも美しかったです。
内容は原作でもイマイチな所なので仕方ないですが無理矢理盛り上げてる感が強かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しじみの短い感想文

4.0制作費がかかってそうな実写化大作

SpicaMさん
2020年12月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

セットの巨大さ、エキストラの数が半端なくw、中華っぽいスケール感が出ていた。
俳優陣の殺陣も迫力があり物語も分かりやすく、原作未読でもエンタメ大作としてとても楽しめた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
SpicaM

3.5キングダム

2020年12月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

世界観が壮大で良い
アクションもなかなか。
長澤まさみがかっこいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ABCD

3.5迫力はあり

Keiさん
2020年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

楽しい

興奮

迫力もそれなりにあって、単純なエンターテインメントとして楽しめた。
単純に表面的に映画を楽しみたい人には良いと思う。

大沢たかおさんと吉沢亮さんは俳優陣の中でも光ってたなー。
ただ長澤まさみは、たしかに美しいけど、アカデミー賞って言われると違和感しかない。
忖度だったのかと思ってしまうかな。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Kei

3.5漫画原作既読からの視聴。

2020年10月10日
PCから投稿

実写映画作品は酷評されるような物が多いが今作は割と良かったかなーと。アクションもかなり良くて、主人公二人の山崎賢人と吉沢亮も良かった。続きが観たいです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ヴぇヴぇヴぇ

5.0強いて言うなれば評価4.8

2020年10月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

単純

興奮

面白かったです。実写化が成功した映画のひとつだと思います。
キャスティングした人はスゴいなと素直に思う。なかでも贏政役の吉沢亮さんは王としての気品が溢れまくってました。
もし、自分がキャスティングするなら楊端和は漫画の風貌からいって北川景子さんをキャスティングするだろうなと思いつつも、いやいや長澤まさみさんは大ハマリですなぁとも思った次第です。
主役の山﨑賢人さんは…上の二人、あと大沢たかおさん、本郷奏多さんに比べると役不足感は否めませんが、酷評するほどではない…という感じでしょうか。

では、―0.1となるポイントを二つ。
一つは、「夢」という言葉がやたら出て来ること。原作本でそんなに言うてた?ぐらい耳に付いて…。観賞熱が少し冷めた感じになりました。年くったって事なのかな…。
もう一つは、漫画は当たり前の話だけど、登場人物がどんな漢字でどんな読みなのか分かるけど、映像だと分からない場合が(原作本を読んでない人を除いて)多い。
初登場時に静止して、デカ漢文字でふりがなもドンと見せればいいのにと。世界観を壊す演出でもないでしょうし。
物語の後半、石橋蓮司さん演じる"ケツシ"(漢字だと竭氏)が〜とか竭氏の策略〜みたいな台詞があったと思ったけど、原作知らない人から見たら、(原作少し知ってる程度のワタクシでも)"ケツシ"=石橋蓮司と判るのは竭氏が斬られる寸前だったから。
マイナスポイントではありませんが、劇中、「呂不韋が〜」ていう台詞が2,3回ありましたが、そこまで台詞として入れるなら、最後に続編示唆として、「次なる敵は〜」みたいなナレーションでも入れて、呂不韋のシルエットもあっても良かったかなと。ないなら最初から台詞にしないでほしかったかな。原作見てない人は聞き流して気にも留めてないだろうけど。

ごちゃごちゃとぬかしましたが、続編は劇場でいち早く観たいと思うほど期待してます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
星水松 愛菜

0.5なぜこんなに高評価なの?

2020年10月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

漫画の実写化ということで期待はしていなかったのですが、意外にも評判が良かったので鑑賞しました。
見なければよかったと思いましたが、このまま2、3と製作されていくのが嫌なので投稿しました。

・主人公について
なぜあんなにずっと叫んでいるのでしょうか。監督は単細胞元気バカの信を演出したかったのかもしれませんが、あれではただ叫んでいるキチガイになってしまっています。テンションのギア数がもっと欲しい

・村が燃やされるシーン
家一軒しか出てきてないのに、「俺の村が、、」と言われても、集落だったんかい!という感じです。

・山の王に会いにいくシーン
謎の切通し的なとこと、崖、変な洞窟の集会場しか出てきません。
隣の裏山にでもいったんですか?

・ラストの戦闘シーン
8万人の勢力揃えといて、最後は主人公軍団20人程度に制圧される王宮ってなんですか?
それで戦争終わった!と言われても集まった8万どーするんですか?帰るんですか?
せめて登場シーンから動かして、配置くらいしてあげないと、最初から最後までずっと王宮に立ちっぱなしでしたよね?

・衣装について
エキストラの衣装が軽そうなのはまだしも、主役級のメンツのコスプレ感はなんなのでしょうか?
鎧や矛、山の民の武器まで全てが軽そうです。

・仮面ライダーのようなワイヤーアクション
これ映画ですよね?なんで日曜朝の番組みたいなワイヤーアクションなんですか?

まだまだ、昌文君と王騎の戦闘シーンや、黒卑村の薄っぺらさ、暗殺刺客のザコっぷりと文句は尽きませんが、大沢たかおの安定感と吉沢亮の演技のうまさはびっくりしました。

邦画は予算が少ないと言われますが、大規模な戦争物を実写化をするのであればもっと全体のレベルを上げないと、これからの大戦描写などを考えると見るに耐えないものになってしまうと思っています。

しかも題材が中国の物語、、
これみたら怒るんじゃないの?
ほんとにもっと頑張ってほしい、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アバラBoB

4.5面白い

むちゃさん
2020年9月8日
iPhoneアプリから投稿

続編が楽しみ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
むちゃ

2.5しょせんジャパニーズアクションか…

ユウコさん
2020年8月20日
Androidアプリから投稿

結構期待してたのですが、なんかね。
主役ふたりより、長澤まさみのアクションがカッコ良かったです。
それから最後の最後でいいところを持っていっちゃった大沢さん、さすがです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ユウコ

2.0主人公が、、、

2020年8月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館、TV地上波

漫画原作の実写はいつも期待外ればかり
ジョジョにしても何故に山崎賢人を起用するのか、、、
演技が不自然過ぎて際立つ
ストーリーは2時間半にまとめるには、やはり飛ばし過ぎ感は否めない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
まめさん

2.0深みが無いなぁ

2020年8月7日
iPhoneアプリから投稿

何も情報を入れずに見ましたが、こんな都合のいい展開で面白いのか?と思ってしまいました。次々出てくる百戦錬磨の剣術の刺客があっさりバッサリ田舎の子にやられてしまいます笑)で主人公は常にヤンキーみたいな威勢で馬鹿みたいに見えてしまうのでいまいち感情移入が出来ません。長澤まさみに至ってはキャスティングミスとしかいえず、武闘派には程遠い体型と威圧感も何も無いセリフ回しで到底族長には見えません。これでは脇役で頑張っていた大御所が痛々しくて見ていられませんでした。それにしても脇にこれだけの名優を揃えて全く深みが無いというのは、本当に映画は演出が大事なんだなとつくづく感じました。一番残念だったのは最後に刀を鞘におさめるシーンで、収めてカチッと鳴る瞬間にタイトルバックを出して欲しかったですね。画面に山崎賢人が残ることで間延びして「しょーもな」てなっちゃいました。タレントで客寄せしているのが見え見えで最後までガッカリしまくり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
black swan

2.0どこの層にオススメしたらいいのか

まつさん
2020年7月28日
スマートフォンから投稿

漫画原作映画のレビューで「原作へのリスペクトが無い」という意見がよくある。
キャラクターやストーリーの解釈が原作からかけ離れてしまうからそう言われるんだろう。
今回のキングダムも信が主人公なのに主人公らしからぬくらいの薄味。
漫画の信の周囲を引き込む情熱とか時々見せる鋭さとか底知れなさとかいい面が全部無くなって、悪い面のうるさい馬鹿ってとこしか合ってなかった。
2時間程度で話を詰め込まないといけないからたくさん端折らないといけないとわかってはいるんだけど、そこのシーンよりここのシーンの方が大事じゃない?何でそういう展開にしたの?そこにそんな演出とかいる?そこにそんなに時間かける?と、2時間の時間配分に疑問符だらけだった。

じゃあ、漫画と切り離して歴史映画として見れば面白いかも、と考えたけども、歴史映画として見ると漫画的演出が恥ずかしい。
暗さとか凄さとか壮大さとか、これぞ大画面の利点!というべき状況を視覚で捉えさせる演出を、漫画から抜粋した台詞に全部委ねてしまって、映画の良さが死んでる。
緊張感も高揚感もいまひとつになる。
どっちに転んでも中途半端な出来だった。
その台詞入れれば漫画ファンが喜ぶと?
いやいや、漫画ファンから見ても映画ファンから見ても違和感しか無いよ。

でもそんな内容でも売れてるから、こういう映画が量産されちゃう。
漫画原作映画の闇ってそこなんだよ。
「売れてる漫画」を利用した「役者の為の映画」になってる。
誤解を招く言い方だけども、役者の演技力はちゃんとあるし役作りもしっかりしてるのはよくわかってます。
でも、映画館に足を運ぶのって漫画ファンと役者ファンであって、映画ファンはどれだけいるんだろうって話。
例えばMCUは漫画原作の映画で大ヒットしたけど、アイアンマンというコミックスの人気とロバート・ダウニー・ジュニアの人気がもたらした成功じゃなかった。
アメリカ国内でスパイダーマンとかスーパーマンなんかに比べたらほとんど日陰みたいなヒーローの映画がヒットしたのは、映画が面白かったからだと思う。
役者はほとんど無名の人が選ばれてるのにヒットした。
キャップだってキャップを演じる前からファンだった、なんて人、どれくらいいる?
役者に役名が定着するくらい映画が成功を収めた。
今ではロバート・ダウニー・ジュニアといえばアイアンマンだよね。
役者の名前より先に役名が出て来る。
映画によって役名の方が売れるっていう現象は果たして日本でどれくらいあるかな?
漫画ファンは銀幕を見て、「今のは漫画と違う」「今のはこのキャラっぽさが出てた」っていう目線で見る、役者ファンは「こういう役をやってもかっこいい」ていう目線で見る。
映画という目線で見てる人がどれだけいるんだろう
日本人だっていい映画は撮れると思うし、きっといい映画は今も産み出されてるに違いない。
けど、映画そのものには集客力が足りない。
映画というコンテンツは役者や歌手を宣伝する2時間のプロモーション映像で、漫画やラノベがそれに利用されるツールになってる。
それが一番ヒットして儲かる。

良作の映画ってのは10年後も20年後も30年後も愛されていつ見ても面白い。
映画が永く愛されるキャラクターを生み出す事もある。
キングダムという漫画は素晴らしいし、ワンオクは最高のバンドだし、吉沢亮や橋本環奈は素敵な俳優だ。
でも、キングダムという映画は駄作だ。
漫画ファンにとっても、役者ファンにとっても、映画ファンにとっても、どこの層にも語り継がれる傑作にはなり得ない。
キングダムは、観客が銀幕を眺めながら役者の名前や漫画のコマを頭に浮かべている事に良しとしてる、ただの集金コンテンツです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まつ

4.0大人気マンガ実写化成功!歴史を知らなくても興奮こみ上げる映画

2020年7月28日
PCから投稿

~ポケモントレーナーみゆきは、93点の経験値をもらった!~

2019年に公開された「週刊ヤングジャンプ」の大人気マンガ「キングダム」の実写映画。

マンガ自体は2006年から連載が始まっていて、当初から妹に絶対に面白いから読んでと言われ続けていました。

ただ、ポケモントレーナーみゆきは社会科全般が苦手で、中国史は特に分からなさ過ぎて避けている部分がありました。

僕と同じような状況の方、安心してください。

中国史を知らなくても相当面白いです。
知っていると更に面白いのだと思いますが、歴史云々よりも登場キャラクターがカッコ良すぎてかなり燃えます。

別のある映画で「歴史はマンガから学べ」とあったのですが、僕もキングダムを読んでから中国史を学びたかったです。

この映画を観ると続きが知りたくなり、友達からマンガを全巻借りてあっと言う間に読み尽くしました。

ポケモンのネイティオ並に「みらいよち」をして、早々とこの面白さを言ってくれていた妹もなかなかやるなと思いました。

それにしても、戦国の世界の武将たちは筋肉隆々なだけでなく、本当にこんなに美男美女だらけなのかと思ってしまいます。

人気キャラクターの王騎役を見事に演じた大沢たかおさんは、このためにどんなトレーニングを積んできたのか計り知れません。

続編の映画も製作が発表されて益々盛り上がっていくこと間違いありません。
ぜひ観てみてくださいね。

★大好きなポケモンに例えると★
ラランテス
 楊端和(ようたんわ)を演じる長澤まさみさんの美しさが光る。
 リーフブレードが急所に当たります。

コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
ポケモントレーナーみゆき

3.5けっこういい

WALLEさん
2020年7月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

邦画なのにスケール大き過ぎてチープになるかと思ったが、うまいストーリー展開と撮影で楽しめた。るろうに剣心に少しアクション映像は及ばないが音楽いい。橋本環奈かわいい。長澤まさみ美人。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
WALLE

3.5立身出世

everglazeさん
2020年7月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

漫画の実写化。
原作は知らずに鑑賞。

奴隷の身分でありながら、天下の大将軍になる夢を叶えようと剣の腕を磨いて来た信が、後の始皇帝と共に戦う物語。

脚色はあるけれど、長く複雑な歴史を知るには良いのかも。

漂が一瞬でも将軍になれたのだなという下りが好きです。
ワイヤー使用が一目瞭然ですが、殺陣も案外キレがあって良かったです。随分特訓したのでしょう。

血統と実力は関係がない。
実力を示すには、武力なり知力なり、持てる能力で他者を圧倒し納得させなければならない。
そしてそれを証明するには犠牲者が出る。
だから現代では子孫に位を継がせる決まりに。血の繋がりでしか受け入れられない民がいるのも事実。

漫画だから仕方ないのだろうけど、いちいち信のリアクションが大きく、言葉も現代のもので、とっつき易い反面、歴史物として観ていると時々冷めてしまいます。
王なのに余でなくて…俺??
河了貂の存在が時代に馴染んでいないような。。ご当地キャラですか…。
そして黒髪サラサラ将軍王騎はオネェと来た…。
(原作、アニメに忠実らしい。)

「長年積み重なって来た差別と侮蔑の心が消えたことがあろうか」

「無念、無念って、一番の無念は夢が夢で終わったってことだろうがよ。もしお前らが本当に死んだ奴らのことを思うんだったらな、そいつらの見た夢を叶えてやれよ!」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
everglaze
「キングダム」の作品トップへ