マーベル女性ヒーローのギャラ事情 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月15日 > マーベル女性ヒーローのギャラ事情
メニュー

マーベル女性ヒーローのギャラ事情

2018年10月15日 13:15

マーベル映画出演女優として過去 最高額となる1500万ドルの出演料を獲得「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」

マーベル映画出演女優として過去
最高額となる1500万ドルの出演料を獲得
写真:Visual Press Agency/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シリーズの人気キャラクター、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフを主人公にした単独映画「ブラック・ウィドウ(原題)」に主演するスカーレット・ヨハンソンが、マーベル映画出演女優として過去最高額となる1500万ドル(約16億円)の出演料を獲得したことが明らかになった。

米ハリウッド・レポーターが複数の関係者から入手した情報によると、ヨハンソンがマーベル映画6本に出演の末、ようやく勝ち取った1500万ドルという出演料は、クリス・エバンスクリス・ヘムズワースがそれぞれの単独シリーズ直近作「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」と「マイティ・ソー バトルロイヤル」、ならびに「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」で得たのと同額だという。

アイアンマン」(2008)でのロバート・ダウニー・Jr.が50万ドル、「マイティ・ソー」(11)でのヘムズワースはわずか15万ドルと、単独シリーズの1作目は主演俳優といえども高額の出演料を支払わないのがマーベルの慣例となっていた。だが、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」が世界累計興行収入20億ドルという爆発的なヒットを記録するなど、興行面で類をみない成功を収めてきた結果、その慣例に変化が現れつつある。

同紙によれば、「ブラックパンサー」で主演のチャドウィック・ボーズマンが受け取った出演料は推定200万ドル(約2億2000万円)、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初の女性ヒーローを主人公にした単独映画「キャプテン・マーベル(原題)」(19年3月8日全米公開予定)で主演を務めるオスカー女優ブリー・ラーソンに至っては、今後同作を含めた7本のマーベル作品に出演することを条件に、500万ドル(約5億6000万円)という高額ギャラを獲得したという。

この記事に対し、ラーソンは自身のTwitterで「マーベルと7本契約を結んだというのは嘘」と否定。一方のマーベルも、広報担当を通じ「記事に掲載の数字は正確さに欠けるもの。そもそも弊社のポリシーとして、出演料や契約内容を公開することは断じてない」という声明を発表することで、異議を唱えている。

(映画.com速報)
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,336 キャプテン・アメリカとアイアンマンという「アベンジャーズ」を代表する2人のヒーローの対立を描く。
ブラックパンサー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ブラックパンサー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,263 マーベル・シネマティック・ユニバースの新たなヒーロー、ブラックパンサーを主役に描くアクション映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi