映画版「シャイニング」続編はR指定に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月15日 > 映画版「シャイニング」続編はR指定に
メニュー

映画版「シャイニング」続編はR指定に

2018年10月15日 12:00

続編はR指定になることが確実に「シャイニング」

続編はR指定になることが確実に
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・キング原作によるホラー映画の傑作「シャイニング」の続編「ドクター・スリープ(原題)」が、R指定になることがわかった。

1980年にスタンリー・キューブリック監督、ジャック・ニコルソン主演で映画化された「シャイニング」では、冬季閉鎖中のリゾートホテルの管理人一家が、そこに巣食う悪霊たちによって次第に狂気の淵に沈んでいくさまが描かれた。その続編としてキングが13年に発表した長編小説「ドクター・スリープ」では、前作から30年後を舞台に、過去のトラウマを抱えたまま成長したジャック・トランスの息子ダニー(ユアン・マクレガー)を襲う新たな恐怖がつづられる。

キング原作のNetflix映画「ジェラルドのゲーム」のマイク・フラナガン監督がメガホンをとる今作には、主演のマクレガーのほか、レベッカ・ファーガソン(「グレイテスト・ショーマン」「ミッション:インポッシブル フォールアウト」)の出演も決まっている。

フラナガン監督は米Colliderのインタビューで、今作が「R指定になるのはほぼ確実」と明言。「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」がR指定ながら世界的大ヒットを記録したことで、製作元の米ワーナー・ブラザースもR指定作品の製作に前向きになっているのではないかと、同サイトは分析している。

「サイレンス」「オキュラス 怨霊鏡」などサスペンスホラーを得意とするフラナガン監督は、「原作がとにかく素晴らしくて、すっかり惚れ込んでしまったんだ。子ども時代のトラウマが大人にもたらす影響、依存症や家族の崩壊といった、個人的に最も興味を惹かれるテーマがぎっしり詰まっていたからね」と今作の監督に名乗りをあげた背景を明かしたうえで、「ワクワクすると同時に、今までで一番プレッシャーが大きいのも確かだ。あのスタンリー・キューブリックの後を継ぐことになるわけだからね。『僕はキューブリックじゃない。キューブリックのようになろうなんて考えちゃダメだ』って自分に言い聞かせながら、僕なりのやり方でベストを尽くすのみ。観客の反応が怖くて、公開後2週間くらいはインターネットも見られないだろうけどね」と冗談交じりに意気込みを語った。

「ドクター・スリープ(原題)」は、2020年1月24日の全米公開を予定している。

(映画.com速報)
シャイニング[Blu-ray/ブルーレイ] シャイニング[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 スティーブン・キングの小説をスタンリー・キューブリック監督が映画化した名作ホラー。
グレイテスト・ショーマン 2枚組ブルーレイ&DVD[Blu-ray/ブルーレイ] グレイテスト・ショーマン 2枚組ブルーレイ&DVD[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,845 ヒュー・ジャックマンの主演で、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi