DCコミック「スワンプシング」をレン・ワイズマン監督がテレビドラマ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月16日 > DCコミック「スワンプシング」をレン・ワイズマン監督がテレビドラマ化
メニュー

DCコミック「スワンプシング」をレン・ワイズマン監督がテレビドラマ化

2018年9月16日 19:30

レン・ワイズマン監督「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」

レン・ワイズマン監督
Photo by Jason LaVeris/
FilmMagic/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アンダーワールド」シリーズで知られるレン・ワイズマン監督が、DCコミック原作のテレビドラマ「スワンプ・シング(原題)」の演出と制作総指揮を手がけることになったと、米Deadlineが報じている。

「スワンプ・シング(原題)」は、研究所を破壊され、植物と同化した怪物スワンプシングになった科学者が環境を守るために戦うという異色のヒーローの活躍を描くストーリー。映画版にはウェス・クレイブン監督による「怪人スワンプ・シング 影のヒーロー」と続編「怪人スワンプシング」がある。

新たに制作されるテレビドラマ版は、「死霊館」や「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワン監督率いるアトミック・モンスターがワーナー・ブラザース・テレビジョンと共同で手がけ、DCコミック原作作品のみを扱う動画配信サービス、DCユニバースで2019年に配信を開始する予定。マーク・バーヘイデン(「HEROES/ヒーローズ」)とゲイリー・ドーベルマン(「IT イット それが見えたら、終わり。」)が脚本を執筆し、最近は「スリーピー・ホロウ」「LUCIFER/ルシファー」「The Gifted ザ・ギフテッド」などのテレビドラマで活躍しているワイズマン監督が演出と制作総指揮を務める。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi