アンダーワールド

劇場公開日:

解説

人知を超えた世界“アンダーワールド”を舞台に、何百年にわたって続く吸血鬼<ヴァンパイア>と狼男族<ライカン>の壮絶な闘いを軸に、ヴァンパイアのヒロインと人間の青年との禁断の恋を描いたゴシック・サイバー・アクション。“ヴィジュアル・ウィザード”と呼ばれるMTV界出身の鬼才、レン・ワイズマン監督のデビュー作。主演は「パール・ハーバー」のケイト・ベッキンセール。

2003年製作/121分/アメリカ
原題:Underworld
配給:ギャガ=ヒューマックス

ストーリー

ブラックレザーのロングコートに身を包み、夜の街を見下ろす一人の美女。ビルの屋上からコートをはためかせ、静かに地上に着地した彼女の正体は、ヴァンパイアの女戦士セリーン。彼女は長年戦い続けてきた宿敵、ライカンが、マイケルという若い人間の医師を執拗に追いかけていることに気付き不審に思う。セリーンは一族の現リーダー、クレイヴンにライカンの不穏な動きを報告したが、彼はたいした問題ではないと片付ける。しかし彼女は、ライカンが良からぬ陰謀を画策していると直感し、マイケルを追いかけるのだった。同時に彼女は、いつしか自分がマイケル自身に興味を抱いていると感じ、戸惑いを覚えていた……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5今更ながら鑑賞

2022年8月12日
Androidアプリから投稿

戦うヒロイン物という認識でおり、中々鑑賞する機会もなくかれこれ10年余。。。ようやっと鑑賞した訳だが、ダーク系アクション作品として見応えのある作品だった。B級感は否めないが、この系統の本家大元の「バイオハザード」も基本はこの路線の為、この手の作品は慣れたものだが、多々ある作品の中でもファンタジックでありながらゴシック要素も多い本作は、ビジュアル面では1番では無いだろうか。ヴァンパイアとライカン(オオカミ族)の何世紀にも渡る戦いを現代を舞台に描いた物語で、予算が数倍あれば大作になる様な壮大な物語になるだろう。 それでも、忘れてはいけないのが本作はB級路線だという事。個人的なイメージだが、スラッとクールなヴァンパイアと筋骨隆々としたライカン族の由緒正しき武器の数々で戦う・・・のでは無く、まさかの銃火器。自らの身体能力ももちろん発揮するが、基本はライフルを乱射する戦闘方式を取る。序盤で時代の変化と共に武器も変わるという様な説明があったが、見た感じマフィアの抗争にしか見えない。まぁこの何でも揃う現代(当時2003年)で刀や盾でぶつかる方が時代錯誤なのかもしれないが。
細かなところで気になるが、ケイト・ベッキンセールの美しさと、それを際立たせるアクションも相まって中々満足の行く作品だった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Mina

2.5映像的には秀作

2022年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ケイトベッキンセイル扮する吸血鬼族の処刑人セリーンを中心に展開していくが、映像的には秀作なれど、ヴァンパイアや人間との関係が複雑で極めて難解だったね。一見では分からないよな。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
重

1.0ただ主役が可愛いだけのよくあるやつ ブレイドと似ている 明日には覚...

2022年7月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

ただ主役が可愛いだけのよくあるやつ
ブレイドと似ている
明日には覚えてない

コメントする (0件)
共感した! 0件)
コルチゾるくん

3.0吸血鬼対狼男

2022年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

吸血鬼と狼男が覇権争いを繰り広げ、吸血鬼の女性処刑人(ケイト・ベッキンセール)が活躍する話。
吸血鬼と狼男のハーフが最強らしいが、ケイト・ベッキンセールの美しさには勝てないだろう。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン