樹木希林さん死去 最期は家族がみとる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月16日 > 樹木希林さん死去 最期は家族がみとる
メニュー

樹木希林さん死去 最期は家族がみとる

2018年9月16日 23:35

今年7月、京都市内での樹木希林さん「日日是好日」

今年7月、京都市内での樹木希林さん
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画、テレビ、CMと幅広く活躍した女優の樹木希林(きき・きりん、本名内田啓子)さんが9月15日午前2時45分、東京都渋谷区の自宅で死去した。75歳。東京都出身。最期は本木雅弘内田也哉子の娘夫妻ら家族がみとり、16日に近親者のみで仮通夜が営まれた。

希林さんは8月13日に友人宅で転倒し、左大腿骨を骨折。同月30日にイベントに出演した本木が、入院中に一時危篤状態に陥っていたことを明かした。今月4日に行われた出演映画「日日是好日」のプレミアム試写会も欠席し、直筆でのコメントを寄せていた。

高校卒業後の1961年に文学座研究所に1期生として入所。同期には小川真由美草野大悟寺田農岸田森がいた。「悠木千帆」の芸名で65年に正座員となったが、翌66年に退団。その前の64年にTBSのドラマ「七人の孫」でテレビに初出演して以降、演出家の久世光彦氏と組み、「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などで抜群の個性を発揮した。

映画では、66年「殿方御用心」でデビューして以降、年間に2、3本とコンスタントに出演し、名脇役としての地位を確立。2000年以降は、05年「歩いても 歩いても」でブルーリボン賞、キネ旬ベスト・テンなどの助演女優賞、カンヌ映画祭のコンペティション部門に出品された15年「あん」では山路ふみ子映画賞女優賞など、映画賞の常連となった。

一方、この十数年は病との闘いだった。03年に網膜剥離で左目の視力を失い、05年には乳がんで右乳房を全摘出。一時は完治したが、13年に転移が見つかり「全身がん」と明かしていた。

告別式は、9月30日午前10時から光林寺(東京都港区南麻布4-11-25)で営まれる。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi